中山優馬 歌舞伎初挑戦! 市川海老蔵自主公演『ABKAI 2017』海老蔵&優馬よりコメント到着

ニュース
舞台
2017.2.27
市川海老蔵

市川海老蔵

市川右團次

市川右團次

中村壱太郎

中村壱太郎


2017年6月9日(金)~25日(日)、Bunkamuraシアターコクーンにて、市川海老蔵第四回自主公演『ABKAI 2017』が行われる。

“現代のかぶき者”十一代目市川海老蔵が、近年、積極的に取り組んでいる“伝統の継承”と“新時代の歌舞伎の創造”。2013年夏、海老蔵自らが企画・製作を行なった第一回自主公演『ABKAI』が、今年で早くも第四回目を迎える。『ABKAI』は、歌舞伎を縁遠く感じている若い世代や、舞台を観る機会が少ない人々に、気軽に足を運んで歌舞伎を楽しんでほしいと企画されたもの。

昨年11月、博多座で上演された『石川五右衛門』は、人気漫画『金田一少年の事件簿』『神の雫』などの原作者である樹林伸による奇想天外の設定を基に、市川海老蔵が演じる大泥棒・五右衛門が海を渡って縦横無尽に活躍するという、全く新しくスケールの大きな物語だった。物語そのものの面白さに加えて、宙乗りや大立廻り、終盤には巨大ねぶたが現われ、幕切れには舞台いっぱいの踊り手と迫力の津軽三味線が響き渡り、これでもかとエンターテインメント性が炸裂した公演となった。

そこで「この公演を是非東京で! それも若者の街・渋谷でご覧頂きたい」という、海老蔵の熱い想いにより、新たに『石川五右衛門 外伝』として、更にスケールアップした舞台が届けられることになった。

しかも、今回は舞台・音楽・映画・ドラマと多彩な活躍を見せている中山優馬が参戦。歌舞伎初挑戦でどんな演技を見せてくれるのか注目だ。また、歌舞伎界からは今年1月に襲名した市川右團次、若手歌舞伎俳優の中村壱太郎の出演も決定した。

市川海老蔵、中山優馬からコメントが届いたので紹介する。

市川海老蔵コメント

11月の博多座での「石川五右衛門」をすぐに渋谷で公演ができ、大変嬉しいです。渋谷の若い方々に歌舞伎をもっと知って頂く良いチャンスと思います。また、今回は中山優馬さんにも参加頂きますので、とても楽しい舞台になるのではないかと楽しみにしています。皆様のお越しをお待ちしております。

中山優馬コメント

今回ABKAIに参加させて頂けると知った時はうれしさで胸が一杯になりました。市川海老蔵さんと一緒の舞台に立てる日が来るとは思ってもみませんでしたが、ご挨拶させて頂いた時の市川海老蔵さんのオーラの輝きに圧倒され、少しでも近づけたらと心から思いました。と同時に、歌舞伎に挑戦という事で、今から緊張していますが、この素晴らしいチャンスを無駄にしない様に市川海老蔵さん、共演者の皆さんからとことん学ばせて頂き、舞台の上で楽しめる様に精一杯お稽古したいと思っています。

公演情報
市川海老蔵 第四回自主公演 ABKAI 2017
■作:樹林 伸
■脚本:松岡 亮
■演出・振付:藤間勘十郎
■出演:
市川海老蔵 / 中村壱太郎 / 市川右團次
中山優馬 他
■公演日:2017年6月9日(金)~25日(日)全27回公演
■会場:Bunkamuraシアターコクーン
■チケット料金:一等席 12,000円/二等席 8,500円/三等席 6,000円(税込・全席指定)※未就学児童入場不可
■前売開始:4月15日(土)
■問合せ:Zen-A(ゼンエイ)03-3538-2300(平日11:00~19:00)
■主催:株式会社3Top/読売新聞社/ABKAI2017実行委員会
■企画:市川海老蔵
■制作:株式会社3Top
■協力:松竹株式会社
■制作協力:全栄企画株式会社/株式会社ちあふる
■公式サイト:http://www.naritaya.jp/
■公式ブログ:http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/
シェア / 保存先を選択