川島海荷にサプライズ誕生日祝い! 浅草九劇開業イベントと、ベッド&メイキングス『あたらしいエクスプローション』製作発表会見

レポート
2017.3.3
(左から)富岡晃一郎、川島海荷、八嶋智人、福原充則

(左から)富岡晃一郎、川島海荷、八嶋智人、福原充則


3月3日(金)より東京・浅草九劇にてベッド&メイキングス『あたらしいエクスプローション』が上演される。3月2日(木)同会場にて浅草九劇開業イベント、ベッド&メイキングス『あたらしいエクスプローション』製作発表会見が行われ、八嶋智人川島海荷富岡晃一郎、作・演出の福原充則が登壇した。

本作はレプロエンターテイメント創立25周年プロジェクト浅草九劇のこけら落とし公演になる。

川島海荷、八嶋智人

川島海荷、八嶋智人

舞台は1946年。終戦からわずか1年後に公開された、邦画界最初のキスシーンを巡る感情発火型物語となる。映画監督の杵山康茂(八嶋)は雨が降る中、焼け野原となった街を見渡していた。そこに軍服姿の今岡昇太(富岡)が雨宿りのため駆け込んでくる。杵山と同様、今岡も映画業界の人であった。ふと物音がし、杵山たちが見ると防災頭巾を被った1人の少女、野田富美子(川島)が現れる。杵山は声を掛けようとしたが、富美子はすぐにその場から逃げてしまう。

八嶋智人

八嶋智人

映画監督の杵山康茂役を務める八嶋は作品への意気込みについて「もうね、やるしかないと思っています。大きい劇場だと大勢対1人という気持ちになるんですよ。そうなると逆に疲れないんですよね。でも、この劇場は目の前にお客さんがいらっしゃるんで、1対1×130となると、なかなかの勝負ですね。だから、普段より疲れます」と、小さい劇場だからこそ気合いもより一層入るとのことだった。

川島海荷

川島海荷

ヒロインの野田富美子役を務める川島は完成したばかりの劇場について「すごくおしゃれだなと思いました。控室もカフェみたいで、こんなところに劇場があるんだな。隠れ家的だなと思います。ここが浅草の新しいスポットになったらいいなと思いましたね」とのこと。

(左から)富岡晃一郎、川島海荷、八嶋智人

(左から)富岡晃一郎、川島海荷、八嶋智人

共演者の印象について川島は「いつもパワーが漲っている方ばかりだなと思います。常に賑やかですし、6人というのが舞台では少ないじゃないですか。毎日一緒にいるんですけど飽きないですね。楽しいです」と仲睦まじい様子。

(左から)富岡晃一郎、川島海荷、八嶋智人、福原充則

(左から)富岡晃一郎、川島海荷、八嶋智人、福原充則

次の日の3月3日は川島の23歳の誕生日。会場ではサプライズで川島の誕生日祝いが行われた。

川島は23歳の抱負について「喜びがなさすぎて、公演が間近なので心がバタバタしているんです。でも、新しい自分がどんどん始まっていけばいいなと思いますし、そのきっかけになる舞台になればいいなと思います。このサプライズがいきなりのことすぎて心臓が痛いです」と語った。

イベント&制作発表会見後には公開舞台稽古が実施。

八嶋智人

八嶋智人

客席との距離がとにかく近いというのもあり、八嶋はお客さんを巻き込んだ演出を見せる。八嶋の持ち味が存分に活かされており、会場からは何度も笑い声が聞こえた。会場を飽きさせないとはまさにこのこと。

八嶋のお芝居以外にも会場の視線を釘付けにする演出が多数盛り込まれている。物語のテンポも止まることなく進んでいくため、作品の世界観から離されることなく引き込まれていくのが魅力的だ。

川島海荷

川島海荷

清純派のイメージが強い川島だが、本作では少し口の悪い少女を演じる。普段の川島とは違う一面が多く見られ、その役どころに目を奪われる。舞台出演は2度目となるが、堂々としたお芝居を見せた。

大鶴佐助、川島海荷、八嶋智人、福原充則

大鶴佐助、川島海荷、八嶋智人、福原充則

暗転の中で交わされる役者の台詞だけの演出は、明かりが1つもない状態でも楽しめるように仕上がっている。この舞台は1人で数役をやるというのもあり、同じ役者が演じる人物がこの場面で登場するのも見所。台詞だけも思わず笑いが起こりそうな場面となっているため、聴覚だけでも楽しむことができる舞台でもある。

川島海荷、富岡晃一郎

川島海荷、富岡晃一郎

1人の役者が複数の人物を演じるというのもあり、役者の早着替えも見所。八嶋は映画監督と俳優のマネージャーなどを演じるが、舞台上で瞬時に着替え別の役に変わる。また、着替えに手間取った役者はその場をうまく繋げ、堅苦しい感じがしないのがこの舞台の特徴。

ベッド&メイキングス『あたらしいエクスプローション』は浅草九劇にて3月3日(金)~3月21日(火)まで東京・浅草九劇にて上演される。

取材・文・撮影/鈴木 唯

公演情報
ベッド&メイキングス第5回公演『あたらしいエクスプロージョン』

■日程:2017/3/3(金)~2017/3/21(火)
■会場:浅草九劇 https://asakusa-kokono.com/
■料金:前売¥5,000 当日¥5.200 学生割引¥3,500 高校生以下¥1,000(全席指定・税込)
■作・演出:福原充則
■出演:八嶋智人、川島海荷、町田マリー、大鶴佐助、富岡晃一郎、山本亨
■問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00~18:00) 
■公式サイト:http://www.bedandmakings.com/

シェア / 保存先を選択