BOOM BOOM SATELLITES、川島の脳腫瘍再発により11月ワンマンでライブ休止

BOOM BOOM SATELLITES。上が川島道行(Vo, G)。

BOOM BOOM SATELLITES。上が川島道行(Vo, G)。

BOOM BOOM SATELLITESが11月に東阪にてワンマンライブ「"SHINE LIKE A BILLION SUNS" for all the night crawlers」を実施。この公演をもって当面のライブ活動を休止することを発表した。

これは8月末に川島道行(Vo, G)が5度目の脳腫瘍を発症したという診断結果を受けてのもの。川島は現状について「これまでも幾度となく闘ってきた病気であり、負けずとアーティスト活動も続けてきましたが、度重なる再発で治療の方法も限られてきたなかで、安心して満足のいくLIVE活動を提供して行くことにも限界がきてしまった」と説明し、11月のライブ後は治療に専念する予定だと明かしている。中野雅之(Programming, B)は川島の治療成功を祈るとともに、今後について「11月に行われるワンマンライブは素晴らしい時間を提供する事を約束します! また新しい曲達も生まれつつあります。この新しい子共達をファンの元に届ける事も僕達の大切な使命です」と語っている。

単独公演は11月5日に大阪・BIGCAT、7日に東京・新木場STUDIO COASTで行われる。オフィシャルサイトでは9月13日23:59まで両公演のチケットの先行予約を受付中。

これらの発表は本日9月4日にニコニコ生放送で行われた生配信特番にてメンバー2人より直接行われた。番組内で彼らは今回のライブに向けての意気込みや公演名の意味などを明かし、川島は「いつまでにって言えないのがもどかしいけど、1日も早く戻ってきます。戻ってきたときにすごいことをする。11月は楽しみましょう」と呼びかけ、中野も「11月のライブでは純粋な音楽体験を楽しんでほしい。今作ってる曲もすごくいいし」と話した。

BOOM BOOM SATELLITESは2月に9thアルバム「SHINE LIKE A BILLION SUNS」をリリースし、3月に東京・EX THEATER ROPPONGIでの単独公演、5月に対バンツアーを実施。今夏は「FUJI ROCK FESTIVAL '15」をはじめとする多数のフェスや野外ライブイベントでパフォーマンスを行ってきた。

BOOM BOOM SATELLITES「“SHINE LIKE A BILLION SUNS”for all the night crawlers」

2015年11月5日(木)大阪府 BIGCAT
2015年11月7日(土)東京都 新木場STUDIO COAST

BOOM BOOM SATELLITES コメント

川島道行

先日の定期検査で、4度目の脳腫瘍の再発が発見されました。これまでも幾度となく闘ってきた病気であり、負けずとアーティスト活動も続けてきましたが、度重なる再発で治療の方法も限られてきたなかで、安心して満足のいくLIVE活動を提供して行くことにも限界がきてしまったと感じました。これを受けて、スタッフ、メンバーと協議を重ねた結果、11月の東京と大阪で行うワンマンのLIVEを区切りに、自分は治療に専念させてもらい、しばらくLIVE活動を休止する事を決断しました。治療を成功させて必ず戻ってきますので、また会える日を楽しみにしていて下さい!

これまで、沢山の会場でブンブンサテライツに会いに来てくれたみんな、感謝しています。あなたたちがいてくれたからこそ頑張ってやってこれました。本当にありがとう。

11月のワンマンは心の底から味わってください!バンドは全力で挑みます!!

 

中野雅之

今まで沢山のファンや関係者に支えられて活動を続けてこれた事に対して、今は感謝の言葉しかありません。このバンドはデビューとほぼ同時に川島の脳腫瘍との闘いが始まり、その度に多くの試練を乗り越えながら活動してきました。僕自身、川島の人生を通して多くを学び、喜び、時には泣いたり、とてもカラフルな時間と人生を過ごしてきました。今回の脳腫瘍の再発は残念でなりませんが、川島の治療が成功してまたステージに揃って立てる事を信じています。

11月に行われるワンマンライブは素晴らしい時間を提供する事を約束します!また新しい曲達も生まれつつあります。

この新しい子共達をファンの元に届ける事も僕達の大切な使命です。どうか頑張らさせてください。

ライブ活動は一旦休止となりますが、川島道行とBOOM BOOM SATELLITESを今後とも宜しくお願いします!

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択