アートコレクターへの第一歩! 『3331 Art Fair 2017 -Various Collectors Prizes-』をレポート

レポート
アート
2017.4.20

画像を全て表示(9件)

2014年から始まった、『3331 Art Fair 2017 -Various Collectors Prize』。3331 Art Fair が招待した多様な立場のコレクターたちが、全国各地から集まった作品や美術作家にプライズを贈るイベントだ。今年は72組のアーティストが出品し、100人のコレクターを招待。キュレーター、ギャラリー、さらにアートスペースの新しいカタチであるオルタナティブスペースから推薦された作家による作品が、所狭しと並んでいる。

 

名前が知られた作家から新進気鋭の若手まで集合し、まさに今を体現する多彩な現代アートの作品が勢揃い。「アートを買えるほどリッチじゃない……」という方も、作品を見るだけで十分楽しむことができる。

また、作家と気軽に話せる環境も魅力のひとつだ。

こちらは山内祥太による、《ほほう…これが祥太の例の鯵ね!》だ。タイトルの通り、中央には巨大なアジがいる。周りに佇む人間がイラスト的である一方、真ん中のアジはとてもリアルに描かれている。 

中に水を詰めているため、ランダムな凸凹ができていることがわかる。さらに、なんとこのアジは回転するのだ。遠くから見ても近くに寄っても、アジの開きなのである。リアルで巨大な回転するアジを取り巻く、顔のない人々。非常にシュールだが、どこか現実感のあるシチュエーションにも感じ取れよう。

会場では、一部の作品を除いて撮影可能で、SNSでシェアすることが可能だ。アートを「買う」ということが身近になるこのイベント。来年以降の開催も、期待して待ちたい。

 

文=耳塚 里沙
写真=耳塚 里沙

イベント情報
3331 Art Fair 2017 -Various Collectors Prizes-※終了

会期:2017年3月17日(金)〜3 月20 日(月・祝)
3月18日(土) 12:00-20:00
3月19日(日) 12:00-20:00
3月20日(月・祝) 12:00-17:00
会期中無休
会場:アーツ千代田 3331 1階メインギャラリー/東京都千代田区外神田6丁目11-14
東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分/東京メトロ千代田線湯島駅6番
出口より徒歩3分/都営大江戸線上野御徒町駅A1出口より徒歩6分/JR秋葉原駅
電気街口より徒歩8分
入場料:一般 1,000 円/学生  800 円/ペアチケット 1,600 円/高校生以下・障害者 無料
※いずれも当日に限り再入場可。
※入場済チケット提示で、以後1日700円で再入場可能
ホームページ:http://artfair.3331.jp
シェア / 保存先を選択