激戦のビルボード週間チャートは嵐のニューシングル『愛を叫べ』が1位に、2位以下も三代目JSBら注目作続々

 本日発表の9月14日付のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート “Top Singles Sales”にて、嵐のニューシングル『愛を叫べ』が実売数48.7万枚という驚異的なセールスを叩き出し、今作でも堂々首位を獲得した。

 リクルート ゼクシィ CMソングのタイトル曲にJAL 2015キャンペーンソング「ユメニカケル」と注目曲が収録されたシングル『愛を叫べ』だが、これまで同様に他を圧倒するハイセールスを記録。初週での50万枚突破にはいたらなかったものの、アルバムチャートで今年No.1の数字を叩き出している三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのニューシングル『Unfair World』を2位に抑えており、次週以降、累計での50万枚はほぼ確実となりそうだ。

 また、このシングル『愛を叫べ』の発売日だった9月2日は数々の注目作がリリースされたが、TOP5では3位に米津玄師、5位にこぶしファクトリーがチャートイン。5位以降には名だたるビッグネームや注目のアイドルらが名を連ねているだけに好成績と言えるだろう。明後日9月9日にはTOP100が発表となるので、そちらも要チェックだ。

 

◎Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”
(2015年9月14日付)
1位.嵐『愛を叫べ』
2位.三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE『Unfair World』
3位.米津玄師『アンビリーバーズ』
4位.AKB48『ハロウィン・ナイト』
5位.こぶしファクトリー『ドスコイ!ケンキョにダイタン / ラーメン大好き小泉さんの唄 / 念には念(念入り Ver.)』

 

 

Billboard Japan
シェア / 保存先を選択