ふぉ〜ゆ〜がシソンヌ、なだぎ武らと共にコメディ舞台に挑戦! 福田悠太は訛りたくてしょうがない?

SPICER
舞台『23階の笑い』

舞台『23階の笑い』

画像を全て表示(2件)

2017年4月27日(木)、演出・錦織一清、主演・ふぉ~ゆ~による舞台『23階の笑い』が東京・博品館劇場で開幕した。

本作は原作者のニール・サイモンが1950年代、放送作家として実際に参加していた米・NBCの90分バラエティ番組『ユア・ショウ・オブ・ショウズ』の舞台裏を描いたコメディ作品。2016年12月の公演が好評を得て、 4カ月と異例の速さで再演となったこの作品を錦織一清がいかにブラッシュアップするのか。また主演のふぉ~ゆ~をはじめ、シソンヌ立花瑠菜入山法子なだぎ武の活躍に注目が集まる。 

<あらすじ>
NYのビル23階で、放送作家が集まり、てんやわんやでコント作りに取り組む様子が描かれる。入りたての新人作家が驚いたのは、先輩たちが変わり者ばかりなこと。英語が不自由なロシア人チーフ、質より量の女好き、14歳から現職の天才、辛口のヘビースモーカー、男勝りの女性作家、遅刻常習犯の変人。そして輪をかけてクレイジーなのが、コメディアンのマックス。彼は、テレビ局から番組を1時間に縮小・予算削減を告げられ、挙げ句の果ては作家の誰かをクビにしろと言われていて……。 辛い宣告に、マックスは意外な決断を下す。

赤狩り、人種問題など、社会問題を取り混ぜながら、ネタと現実を行き来し、人生の苦楽を笑い飛ばしてゆく。コメディながら、 シビアな業界、 笑いと仕事への情熱、 堅い友情と、 涙がうるうるする場面も。 カーテンコールではふぉ~ゆ~のステージもあり、 上質なエンターテイメントコメディに仕上がった。 

23階の笑い

23階の笑い

囲み会見では、 錦織一清とふぉ~ゆ~が笑いたっぷりのトークを展開。この作品への情熱と充実感が伝わってきた。 

錦織一清(演出)
初演から約4カ月。 まだ記憶にあるうちに再演できたのは幸せなことです。 コメディアン役を松崎に配役したのは、 4人の中で一番松崎が歪んでいるから。 結果、 大成功でした。 3人には注文が出せるのですが、 松崎は日本語を理解するのが難しいんですよ(笑)。今回は、 まずお客さんに喜んでいただくことと、 そして稽古になかなか来られなかった辰巳を喜ばせるための芝居になっています。 ダンスのシーンはリニューアルしました。 ふぉ~ゆ~が頑張ったおかげで、 『ラ・ラ・ランド』みたいなシーンになっています。 毎日どんどん変化しますから、 ぜひ毎日見に来ていただきたいです。 また次に再演したら、 もっと良くなっていくでしょう。 また年末あたりにやりたいなぁ。 クリスマスのシーンもありますから。 

福田悠太
錦織さんに頂いた言葉で響いたのは、「ステージ上で自分らしくいろ」。 稽古や本番で、 その言葉が頭の中でこだましています。 錦織さんの言葉に感動しながら、 ステージに立っている感覚があります。 訛りは、 初演時は難しくて仕方なかったですが、 今は訛りたくて訛りたくて! 稽古に入ってから、 普段の喋りも訛っていたんじゃないかというくらい、 楽しんで訛っている感じです。 

越岡裕貴
錦織さんは稽古で身振り手振り、 実際にどうやるかの見本を見せてくださって。 また自分が出ていないシーンを見ているのもとても勉強になりました。 「ちゃんちゃん!」も初演で教えてもらいました。 

辰巳雄大
僕は新米作家役として普通にいる難しさを感じています。 再演にあたって、 僕は錦織さんとは一緒に3回しか稽古できなかったんです。 4日ぐらい空いて、 稽古場に来たら皆さんがどんどん新しいことを僕に仕掛けてきて。 僕の驚く反応を見て、 錦織さんが楽しむという稽古でした。 お客さんも僕同様、 新人作家になった気持ちで見ていただけたら嬉しいです。 

松崎祐介
錦織さんとまたこの作品に携われて、 嬉しいです。 錦織さんの演出により、 さらに面白くなっています。 特に僕のところは、 すべて錦織さんの演出によるもの。 ありがとうございます!

ふぉ~ゆ~ メッセージ
今回、 東京だけでなく、 名古屋、 大阪、 福岡にも行きます。 『23階の笑い』は演劇のテーマパークのような、 誰が見にきても絶対にハマるシーンがある作品です。 『ラ・ラ・ランド』を超える勢いで頑張りますので、 皆さん見に来てください!


舞台『23階の笑い』は東京公演(~5月7日)を皮切りに、 名古屋、 福岡、 大阪へと上演される。

公演情報
「23階の笑い」
<東京公演> 2017年4月27日(木)~5月7日(日)銀座・博品館劇場
<名古屋公演>2017年5月9日(火)~5月11日(木)青少年文化センターアートピアホール
<福岡公演> 2017年5月13日(土)・14日(日)久留米シティプラザ ザ・グランドホール
<大阪公演> 2017年5月17日(水)~5月19日(金)サンケイホールブリーゼ

【出演】ふぉ~ゆ~(福田悠太/越岡裕貴/辰巳雄大/松崎祐介)
じろう(シソンヌ)/長谷川忍(シソンヌ)/立花瑠菜/入山法子 なだぎ武
【原作】ニール・サイモン
【演出】錦織一清

■料金(全席指定・税込・※未就学児入場不可)
<東京・名古屋・福岡公演>全席指定:8,500円
<大阪公演>指定席:8,500円/ブリーゼシート(バルコニー席)5,000円
■お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799
■企画・製作:ニッポン放送

公演公式ホームページ  http://event.1242.com/special/23kai_no_warai/

 

 

シェア / 保存先を選択