大正時代の大衆芸能“浅草オペラ”を復活上演!大谷能生、中野成樹ら参加

「女軍出征」(1917年/初演)より。高木徳子一座。

「女軍出征」(1917年/初演)より。高木徳子一座。

大正時代の大衆芸能である浅草オペラ。その代表的演目「女軍出征」を上演する、「春のぐらもくらぶ祭り2017」が、5月21日に東京・江戸東京博物館ホールで開催される。

本企画は、「女軍出征」の復活上演と、シンポジウム「浅草オペラ100年とその演劇性」の2部構成によって「浅草オペラとはどんなものだったのか?」を紐解く試み。「女軍出征」の復活上演では、企画を大谷能生、監修を小針侑起、演出を中野成樹が担当している。

なおシンポジウムには、小針、大谷、中野のほか、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、毛利眞人らが登壇。また5月28日には大正時代に吹き込まれた貴重な音源を収録した、小針侑起監修・選定による浅草オペラの決定版CD「あゝ浅草オペラ 女軍出征100年と魅惑の歌劇」が発売する。CDはイベント当日、会場で先行販売が予定されている。

「春のぐらもくらぶ祭り2017 これが浅草オペラだ! 誕生100年『女軍出征』の再演」

2017年5月21日(日)
東京都 江戸東京博物館ホール

第1部「復活上演!『女軍出征』と浅草オペラ・バラエティ」

原案:伊庭孝
企画:大谷能生
監修:小針侑起
演出:中野成樹

出演:洪雄大、福田毅、竹田英司、鈴鹿通儀、斎藤淳子、北川麗、佐々木愛、新藤みなみ、涌田悠 / 山田参助、岸野雄一、海藻姉妹、渡邊恭一、小森信明、松永敦 ほか

第2部「シンポジウム『浅草オペラ100年とその演劇性』」

出演:小針侑起、大谷能生、中野成樹、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、毛利眞人 ほか

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択