映像作家・写真家の柿本ケンサクによる個展『HYOMEN』が開催に アフリカの大地を空撮した最新作を展示

ニュース
2017.5.31

柿本ケンサク写真展『HYOMEN』が2017年6月1日(木)~6月30日(金)にかけて、ニューヨークのTAKA ISHII GALLERYにて開催される。

柿本ケンサクは、1982年生まれの映像作家・写真家。2016年1月に『TRANSLATOR』展(東京・代官山ヒルサイドテラス)を開催し、写真家として本格的なデビューを果たした。

本展では、柿本がアフリカ南西部ナミビアの大地を空撮した最新作を発表する。褐色の大地に点在する木々や川の流れが極度に平面化され、かつ、その画面全域にピントが合わされた写真群は、風景を無化するような抽象性をたたえている。なお、本展に関して柿本本人は下記のようなステートメントを発表している。

地上より約1万フィートの上空から見た地球の表面は、まるで人間の皮膚を顕微鏡で覗いている
かのようだった。道や、川は間違いなく血管そのものであり、我々人間は、そこを往き来する
ミクロな細胞であることを実感した。地球という巨大な生物の存在の大きさと、美しさと共に、
そこに生かされている我々人間とのコントラストを体感していただきたい。
- 柿本ケンサク

 

イベント情報
柿本ケンサク『HYOMEN』

会期:2017年6月1日(木)~6月30日(金)
会場:TAKA ISHII GALLERY NEW YORK
23 East 67th Street, 3rd Floor, New York NY 10065
時間:11:00 -18:00 (日・月・祝休)
主催:ON THE HILL
http://www.galleryonthehill.com/
問い合わせ:info@galleryonthehill.com
シェア / 保存先を選択