『レ・ミゼラブル』日本初演30周年スペシャル・カーテンコール最終日、作者ブーブリル&シェーンベルクがサプライズ登場!

動画
レポート
2017.6.19
前列左からアラン・ブーブリル、パトリス・ティポーキ、クロード=ミッシェル・シェーンベルク

前列左からアラン・ブーブリル、パトリス・ティポーキ、クロード=ミッシェル・シェーンベルク


1987年6月17日は日本のミュージカルの革命記念日といっていいだろう。30年前のこの日、東京・日比谷の帝国劇場で『レ・ミゼラブル』が開幕した。30周年を迎えた2017年の公演では、初演のプレビュー初日にあたる6月11日から7日間、「日本初演30周年スペシャルウィーク」として、特別カーテンコールを開催してきた。最終日となった6月17日は、新旧キャスト約150人が登壇。なんと、作・脚本のアラン・ブーブリルと作・作曲のクロード=ミッシェル・シェーンベルクもサプライズでお祝いに駆けつけるという、超スペシャルな記念日となった。

スペシャル・カーテンコールのオープニングは、歴代キャストと現役キャストによる「ワン・デイ・モア」からスタートした。1幕の最後に、登場人物それぞれが明日への思いを馳せ歌う曲だ。初代ジャン・バルジャンの鹿賀丈史が歌い始め、マリウス、コゼット、エポニーヌ、アンジョルラスと歌い継いでいく。150人の大合唱で幕開きから客席は一気に盛り上がった。

歌が終わると、この日のゲストの紹介へ。『レ・ミゼラブル』(レミゼ)のこれまでの出演者はのべ2900人にものぼるが、その中から70人が登壇した。プリンシバルキャスト(紹介順)からは、ファンテーヌ役の渚あき・岩崎宏美・伊東弘美、アンジョルラス役の岸祐二(現ジャベール)・坂元健児、コゼット役の宮本裕子・柴田夏乃・鈴木ほのか(ファンテーヌ役を経て、現マダム・テナルディエ)、マリウス役の山崎育三郎・安崎求(テナルディエも)・宮川浩、バルジャン役の別所哲也・鹿賀丈史(ジャベールも)、今井清隆(ジャベールも)、ジャベールの今拓哉(アンジョルラスも)、岡幸二郎(アンジョルラスも)、エポニーヌの白木美貴子(コゼットも)・島田歌穂、テナルディエ役の山形ユキオ・本間識章、マダム・テナルディエ役の前田美波里・鳳蘭・阿知波悟美と、濃い豪華な面々がずらりと登場した。その後、ガブローシュ役、リトル・コゼット役、アンサンブルなど70人全員が紹介された。

『レ・ミゼラブル』はスターを生み出すミュージカルといわれる。子役として山本耕史や高橋一生がガブローシュ役を演じていた。ほかにも例えば、ガブローシュだけでも、ミュージカルで活躍する原田優一、俳優の浅利陽介、ダンスカンパニー「Baobab」を主宰する北尾亘、D-BOYSの大久保祥太郎、人気子役として活躍の加藤清史郎など多彩なキャストの名前が並ぶ。

紹介が終わるとマダム・テナルディエで出演していた森公美子と岡幸二郎が登場。「レジェンドの方々でドキドキしますね」「時間が押してますので、手短でお願します」とにぎやかに歴代キャストへのインタビューを行った。

トップバッターはもちろん鹿賀。「1年前から稽古をしていたのですが、本番が近づくにつれ帝国劇場に壮大なセットが組まれ、リアリティがあって美しい照明が灯され、一着一着仮縫いをして衣裳を作っていた。それもファスナーやマジックテープは一切使わず(時代考証に合わせた衣裳のため)、ボタンを一個一個つけて、本当に手作りのオリジナルスタッフの中で初日を迎えました。今日もお芝居を拝見していたのですが、あのときも勢いがありましたが、それにも増して元気のよい舞台でした」と話した。

帝国劇場の舞台に立つのが俳優としての夢だったという別所は、「初演の鹿賀さんを観て、出てみたいと思った作品でした。オーディションに受かったときはまさかバルジャンをできるとは思わなくて、本当に嬉しくて、俳優人生の中でも大切な大切な役であり、作品です」と緊張気味。

島田歌穂は、初演から間もないころ、世界の『レ・ミゼラブル』のプロダクションを代表するエポニーヌとして、英国王室主催コンサートでエリザベス女王の前で歌った。「30年経ったなんてびっくりですよね。今でも初演の初日の感動と興奮を思い出します。本当に私にとって大きく人生を変えてくれた作品です」と島田。「次にマダム・テナルディエは?」という森の言葉に、客席から拍手がわく。

前田美波里は、「私にとって一番高いキーを要求される作品で、初日の舞台では胸がどきどきしましたね。そして今日、なぜかこの指がうずくんです」と話し始め、本番中に指を骨折したのに、自分では気づかなかったというエピソードを披露した。鳳は「宝塚をやめてまだ男役のイメージが残っているときに、コゼットをいじめる役だったでしょ。ファンレターに『鳳さんがこんな人とは思わなかったです』と来たんですよ。来世はコゼットをやります」と。

大学生のときアンサンブルで合格し、後にマリウスを演じた宮川浩は「感無量です」と。30年前のこの日の18時30分の公演からミュージカル人生が始まったという安崎求は、初日に衣装にハンガーをつけたまま舞台に出てしまったという失敗談を話した。

『モーツァルト!』『エリザベート』など東宝ミュージカルのスターとなった山崎育三郎は『レ・ミゼラブル』オタクぶりをアピール。「10年前の6月にレミゼ・デビューをさせていただいたのですが、当時大学生だったオーディションのことを思い出しました。レミゼが大好きで、ここに並んでいる皆さんの大ファンで、ずっと客席で見ていたんです。お客様にも負けないレミゼのオタクで、最初から最後まで全部覚えて歌えて、オーディションでは『カフェ・ソング』だけでいいと言われたのに、『何も見ないで全部歌えます。聞いてください』といったら合格しました」と一気に話した。森が「今度はバルジャンも狙えるし、ジャベールも!」というと、山崎は「頑張ります!」と力強く宣言した。

初演はコゼットとアンサンブル、その後ファンテーヌを演じ、現在はマダム・テナルディエの鈴木ほのかは、「あとエポニーヌだけやってないです」と笑顔。「30年前の今日はアンサンブルとして鳳蘭さんの後ろに立っていました。記念の舞台写真に残っています。その鳳蘭さんの役をできるなんて、皆さまのおかげです」と話した。

岩崎宏美は「皆さんが思うほど音域が広くないんです。『レ・ミゼラブル』でファンテーヌの役をいただいたんですが、出ない音域ばかりで、そのとき、シェーンベルクさんや演出のジョン・ケアードさんが、ファルセットでもいい、ファルセットとわからない音を出して歌ってくれればOKだよといってくれました」というエピソードを話した。20周年に出演していた渚は、「自分の気持ちを表現してみてと言われて、号泣してしまったオーディションを思い出しました。これはもうダメだと思ったら合格のお知らせを頂いてすごく感激した思い出があります」と話した。岩崎は『レ・ミゼラブル』で共演しこの日も登壇した今拓哉(アンサンブルからアンジョルラス、ジャベールを演じた)と結婚した。ここにも30年の歴史を感じさせる。

藤田朋子は、『レ・ミゼラブル』がデビュー作。「このオーディションに受からなければいまだに路頭に迷っていたと思う。記者会見に行くまでは騙されていると思っていました。この舞台が終わってすぐ、大きいオーディションは受けておくべきだといわれNHKの連続テレビ小説『ノンちゃんの夢』のオーディションを受けたら受かったんです。『レ・ミゼラブル』がなければ芸能界には入れなかったんです」と力を込めた。『手紙』や『ジャージーボーイズ』などミュージカルで活躍する小此木まりは、リトル・コゼットで出演。「当時8歳で、ミュージカルデビューだったんです。『レ・ミゼラブル』から私のミュージカル人生がはじまったので、とても感謝しています」と話した。

インタビューが終わると英国のウェストエンド、オーストラリア・ツアー、シンガポールなどでファンテーヌを演じたパトリス・ティポーキが登場。「アイ・ドリーム・ア・ドリーム」を母性あふれるやわらかな歌声で披露した。

続いて、現在公演中のロンドンとブラジルのカンパニー、ブーブリルと、プロデューサーのサー・キャメロン・マッキントッシュ、作曲のシェーンベルクからの映像メッセージが紹介された。


 

ロンドンカンパニーはバースデーケーキを用意してお祝い。ブラジルカンパニーは、「ワン・デイ・モア」の最後の歌詞を日本語で歌い、舞台で使われる赤い旗の代わりに、日本とブラジルの国旗を振ったお祝い映像を製作。両国の旗が翻った瞬間、客席に感動の波が広がった。


再び、森が登場するとこの日のスペシャルゲストの紹介へ。スペシャル・カーテンコールのクライマックス、アラン・ブーブリルとクロード=ミッシェル・シェーンベルクの登場だ。

30周年の感想を聞かれたブーブリルは「30年前の初日をよく覚えています。訳詞の岩谷時子さんと何時間もディスカッションをしました。また、初日に皇太子殿下(当時。現在の天皇陛下)と一緒に拝見し、休憩時間にフランス文学などの話をしたのも覚えています。30周年に自分がここに立って、日本でお祝いできるとは想像してもいなかった。日本のお客さまが作品を愛してくださったからこそ。ありがとうございます」と感謝を述べた。

アラン・ブーブリル

アラン・ブーブリル

シェーンベルクは初演でコゼットを演じた斉藤由貴の思い出から話し始めた。「ユキ・ベイビーと呼んでいたのですが、彼女がロンドン公演を観にきたときに一緒に食事をしたら、『ユキ・サイトウ、コゼット、ノーノー』と言うんです。どうして?と聞いたら、マリウスとキスしなくてはならなかったのですが、『それはできません』と。なので、妥協案としてほっぺにキスをすることにしました」と30年前ならではのエピソードを。

続いて、「メッセージ動画でも話しました初演のプロデューサー古川清さん、ブーブリルから名前のあがった岩谷さんのほかに、もう一人忘れたくない方がいます。本当に素晴らしいエポニーヌであり、世界中でも素晴らしい『ミス・サイゴン』のキム役だった本田美奈子さんです。30年は長い歳月なのでここには一緒にいない人もいますが、彼ら、彼女たちのスピリットは我々と一緒にあると思っています」と話すと、客席から大きな拍手が送られた。

クロード=ミッシェル・シェーンベルク

クロード=ミッシェル・シェーンベルク

30年の間にプリンシバルキャストでは本田さんのほかに、テナルディエの斎藤晴彦さん、マダム・テナルディエの大浦みずきさんらがこの世を去った。30年という時間の長さを改めて感じさせる挨拶だった。

続くナンバー披露はシェーンブルクがこの日のためにアレンジした特別バージョンの「彼を帰して」。鹿賀に続いて6人のバルジャン(鹿賀、今井、別所、福井晶一、吉原光夫、ヤン・ジュンモ)とアンサンブルという豪華な顔ぶれとなった。スペシャル・カーテンコールの幕開きではジャベール姿だった吉原(公演ではジャベールを演じていたため)は、このナンバーではバルジャンに早替わりして登場。6人のバルジャンに劇場はわれんばかりの拍手に包まれた。

そして、スペシャル・カーテンコールを締めくくるのは、「民衆の歌」の特別バージョン。歌の途中のリプライズの「列に入れよ 我らの味方に… 彼ら夢見た明日が来るよ」の一節では、オーケストラの演奏がいったん止まり、歌声だけが静かに響き、客席もともに歌った。

まさに『レ・ミゼラブル』という作品ならではのぜいたくなひと時。夢に見た明日に思いをはせ、命と人間の尊厳を考える、作品の持つ力を感じさせてくれるスペシャル・カーテンコールとなった。

取材・文=田窪桜子

公演情報
ミュージカル『レ・ミゼラブル』
 
■作:アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
■原作:ヴィクトル・ユゴー
■作詞:ハーバート・クレッツマー
■オリジナル・プロダクション製作:キャメロン・マッキントッシュ
■演出:ローレンス・コナー/ジェームズ・パウエル
■翻訳:酒井洋子
■訳詞:岩谷時子
■プロデューサー:田口豪孝/坂本義和
■製作:東宝
■公式サイト:http://www.tohostage.com/lesmiserables/

■配役:
ジャン・バルジャン:福井晶一/ヤン・ジュンモ/吉原光夫
ジャベール:川口竜也/吉原光夫/岸祐二
ファンテーヌ:知念里奈/和音美桜/二宮愛
エポニーヌ:昆夏美/唯月ふうか/松原凜子
コゼット:生田絵梨花/清水彩花/小南満佑子
マリウス:海宝直人/内藤大希/田村良太
テナルディエ:駒田一/橋本じゅん/KENTARO
マダム・テナルディエ:森公美子/鈴木ほのか/谷口ゆうな
アンジョルラス:上原理生/上山竜治/相葉裕樹
ほか
 
<東京公演>
■会場:帝国劇場
■日程:2017年5月25日(木)初日~7月17日(月・祝)千穐楽
*プレビュー公演 5月21日(日)~5月24日(水)
 
<福岡公演>
■会場:博多座
■日程:2017年8月1日(火)初日~8月26日(土)千穐楽
 
<大阪公演>
■会場:フェスティバルホール
■日程:2017年9月2日(土)初日~9月15日(金)千穐楽
 
<名古屋公演>
■会場:中日劇場
■日程:2017年9月25日()初日~10月16日(月)千穐楽

■『レ・ミゼラブル』日本公式サイト http://www.tohostage.com/lesmiserables/

シェア / 保存先を選択