”新しい人物画”の制作を目指す 寿司みどり個展『光と反吐』が開催に

ニュース
2017.6.20
「人物」2017年 キャンバルに油彩

「人物」2017年 キャンバルに油彩

寿司みどりによる個展『光と反吐』が、2017年7月11日(火)~7月16日(日)にかけてJapan Creative Arts Galleryにて開催される。

寿司みどりは、1987年岐阜県生まれの美術作家。東京藝術大学を卒業後、「1_WALL」(2014年ガーディアン・ガーデン)、「トーキョーワンダーウォール」(2015年東京都現代美術館)、「シブカル祭」(2016年渋谷パルコ)等に参加している。

本展では、新しい人物画を目指して制作を行う寿司の最新作約40点を発表する。

見た事がない新しい人物画を描きたいと思い制作をしています。
特に本展では人間の複雑さを時代性を取り入れながらできる限り既視感のない形状でキャンバスに表しています。
展覧会タイトル「光と反吐」とは両極端のようなものがひとつの中にあることを意味しています。
現代において実生活はもちろんSNSのようなインターネット上でも人間の中にいくつもの人格が表出して行く様は大変興味深いです。
複雑なイメージを与える媒介として絵画は最適なものだと考えています。

寿司みどり

 

イベント情報
寿司みどり『光と反吐』

会期:2017年7月11日(火)~7月16日(日)
時間:11時~19時(最終日17時迄)
入場料:無料
会場:Japan Creative Arts Gallery
東京都中央区日本橋茅場町3-12-9NIビルB1F
特設サイト:http://sushi-midori.net/hikaritohedo/
シェア / 保存先を選択