柳生二千翔が急な坂スタジオで“演劇を展示”「日々のゆめゆめ」

柳生二千翔が主宰する演劇ユニット・女の子には内緒「手のひらコロニー」より (c)blanClass

柳生二千翔が主宰する演劇ユニット・女の子には内緒「手のひらコロニー」より (c)blanClass


柳生二千翔の演劇展示「日々のゆめゆめ」が、7月1日から4日に神奈川・急な坂スタジオ スタジオ1にて開催される。

これは、急な坂スタジオが行っているクリエイターたちの支援プログラム「坂あがり相談室plus(2017年度版!)」の対象者である柳生二千翔が、20日間スタジオを拠点に周辺地域のリサーチを行い、そこで書き溜めた台本などをもとに演劇を展示するというもの。

作品について柳生は「本物の要素を用いながら、そこにフィクションを混ぜ込みました。私が模倣しようとして”失敗した”架空の街と、モデルとなった本物の街。本物にフィクションのインクを落とすことで、それら互いの輪郭はだんだん曖昧となっていきます。やがて、ここではないどの場所とも異なる”新しい街”がおぼろげに浮かび上がってくるでしょう」と述べ、「これは上演という形式ではありませんが、一つの演劇の形だと思っています」と思いを語っている。

声の出演には、三条会の大谷ひかるや、中野成樹+フランケンズの洪雄大、田中佑弥、福田毅、青年団の坂倉花奈と永山由里恵、範宙遊泳の福原冠が名を連ねている。なお3日19:30からアーティストトークを開催。事前予約が必要なので、気になる人は申し込みを。

坂あがり相談室 plus「柳生二千翔の演劇展示『日々のゆめゆめ』」

2017年7月1日(土)~4日(火)※12:00~19:00の間、1日7回上演
神奈川県 急な坂スタジオ スタジオ1

作:柳生二千翔
声:大谷ひかる、洪雄大、坂倉花奈、田中佑弥、永山由里恵、福田毅、福原冠

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択