繊細で淡い色彩の装丁画を展示 女性アーティスト・羽住都の原画展が7月より開催

SPICER
「沈黙の書」(C)Miyako Hasumi

「沈黙の書」(C)Miyako Hasumi

画像を全て表示(2件)

『羽住都原画展 ~ 纏う 透き色の世界 ~』が、2017年7月21日(金)~2017年7月23日(日)にかけて、ギャラリーエピキュートにて開催される。

羽住都は、1996年にデビューし、ハイファンタジー小説で人気の乾石智子の〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ(東京創元社)など多数の本の装丁画を手掛ける女性アーティスト。当イベントでは、羽住都が描く繊細で淡い色彩の原画作品を中心に約30点を一堂に会し展示予定だ。なお、原画作品は一部を除き販売予定とのこと。

独特な画風で描かれた羽住の作品は、その世界感や繊細なタッチが人気を博している。完成までに数か月を要した作品も多数あり、その分細部までこだわり抜かれているのが特徴だ。今回の展示会では、その制作過程が分かるラフ画も展示される。

「失踪HOLIDAY」(C)Miyako Hasumi

「失踪HOLIDAY」(C)Miyako Hasumi

 

イベント情報
羽住都原画展 ~ 纏う 透き色の世界 ~

会期 :2017年7月21日(金)~7月23日(日)
会場 :ギャラリーエピキュート
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-15-14 外神田ストークビル6階
営業時間:12:00~19:00(最終日18:00閉場)
入場料無料・展示販売
作家来場時間:2017年7月22日(土)13:00~
2017年7月23日(日)13:00~
シェア / 保存先を選択