草間彌生、シンガポールにて東南アジア初となる大規模展を開催

ニュース
アート
2017.7.6

画像を全て表示(2件)

草間彌生の展覧会『YAYOI KUSAMA:  Life is the Heart of a Rainbow』が、2017年9月3日(日)まで、ナショナル・ギャラリー・シンガポールにて開催されている。

ナショナル・ギャラリー・シンガポールは、シンガポール最大にして世界初の東南アジア美術に特化したモダンアート美術館。本展は、東南アジアで初めて草間彌生の作品を大規模に展示するもので、70年の創作活動の中から、未発表作品を含む120点超を展示している。

会場では、草間彌生の創作の軌跡を新たな切り口で紹介。作者を象徴するモチーフがどのように発展してきたのか、それらの形式と概念が互いにどのように交錯しているのかを辿ることができる内容となっている。展覧会タイトルにもなっている絵画「Life is the Heart of a Rainbow」も初公開されているとのこと。さらに、「無限の網(Infinity Nets)」、「無限の鏡の間(Infinity Mirror Rooms)」といった代表的な作品を出展するほか、2009年に制作を開始した「わが永遠の魂(My Eternal Soul)」シリーズから、彫刻・立体作品・絵画による最新作も出品。さらに、個人コレクターや公的機関が保有する希少性が高い作品や、本展覧会のために特別に制作された「鏡を使った覗き部屋「I WANT TO LOVE ON THE FESTIVAL NIGHT」も公開中となっている。

 

イベント情報
YAYOI KUSAMA: Life is the Heart of a Rainbow

期間:2017年6月9日(金)~9月3日(日)
会場:ナショナル・ギャラリー・シンガポール
チケット料金:
海外ビジター料金(本展覧会のみ鑑賞可)$25、子供$20 (常設展+本展覧会) $30、子供$25
ナショナル・ギャラリー・シンガポール公式サイト:https://www.nationalgallery.sg/visit
シェア / 保存先を選択