「岡本太郎と遊ぶ」がテーマの展覧会が開催に 「遊ぶ字」の展示も

ニュース
2017.7.11
「 岡本太郎と遊ぶ」展チラシ

「 岡本太郎と遊ぶ」展チラシ

画像を全て表示(5件)

岡本太郎と遊ぶ』展 PLAY with TAROが、2017年7月15日(土)~10月15日(日)にかけて、川崎市岡本太郎美術館にて開催される。

岡本太郎は「遊び」について、「『遊び』と『お遊び』とは全然違う。『遊び』は真剣な、全人間的な、つまり命のすべてをぶつけての無償の行為だ」と語ったという。岡本にとって「遊び」とは、自分自身の芸術活動そのものだったともいえよう。

《動物》 1983年、FRP

《動物》 1983年、FRP

《 海辺の肖像》1973年、油彩・キャンバス

《 海辺の肖像》1973年、油彩・キャンバス

本展では、「岡本太郎と遊ぶ」をキーワードに、岡本の作品を紹介。さらに、「字は絵だろ」と言った岡本が自由な感性で描いた「遊ぶ字」も展示を行う。また会期中には、体のさまざまな感覚をつかって作品を鑑賞する試みが実施される。展示室内に「さわって遊ぶ」「おと・リズムで遊ぶ」「ことばで遊ぶ」「仮面で遊ぶ」「においで遊ぶ」「遊ぶ字に挑戦!」といったテーマで、五感をつかって太郎作品に挑戦する体験コーナーを設置。こちらの体験コーナーは、いつでも体験することができるとのこと。

岡本が命のすべてをぶつけて生み出した作品と、“真剣に遊んでみる”体験をしてみてはいかがだろうか。

《 夢》1979年、紙本墨書

《 夢》1979年、紙本墨書

《 装える戦士》1962年、油彩・キャンバス

《 装える戦士》1962年、油彩・キャンバス

 

イベント情報
『岡本太郎と遊ぶ』展 PLAY with TARO

会 期 : 2017年7月15日(土)~10月15日(日)
休館日 : 月曜日(7月17日、9月18日、10月9日を除く)、7月18日(火)、9月19日(火)、10月10日(火)
開館時間 : 9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料 : 一般900(720)円、高校・大学生・65歳以上700(560)円、中学生以下無料
( )は20名以上の団体料金
展示構成 : 岡本太郎作品 絵画、彫刻、遊ぶ字 他体験コーナー
http://www.taromuseum.jp/
シェア / 保存先を選択