“書体”をつかったオリジナル作品の販売も デザインプロジェクト「真四角」初の個展が開催

ニュース
2017.7.26

画像を全て表示(6件)

江戸の美意識を現代に伝えるデザインプロジェクト「真四角」による初の個展『真四角博覧会』が、2017年8月4日(金)~9月15日(金)にかけてIDEASKETCHに開催される。

「真四角」は、2016年より活動を開始したデザインプロジェクト。江戸時代に生まれた角字をリメイクした書体真四角シックを開発。また、Oh My Glasses、飛騨の森でクマは踊るなどとのコラボ商品を発表している。

本展示では過去の真四角の作品を一堂に展示をしながら、東海道五十三次をオマージュしたグラフィック作品、真四角書体を使って会場で楽しめる真四角図案機などの展示を行う。さらに、書体をつかったオリジナルプロダクト・東海道五十三次をリメイクしたグラフィック作品の展示・販売も行われるとのこと。

イベント情報
真四角博覧会

開催期間 : 2017年8月4日(金)~9月15日(金)
料金:無料
開廊時間:14:00-20:30 (火〜金) 12:00-18:00 (土) (8.12 は休み)
会場:IDEASKETCH
住所:107-0052 東京都港区赤坂6-5-28 ヴェルディ赤坂3F
電話 : 03-6441-0183

 

シェア / 保存先を選択