ナビロフト×伊丹想流私塾「Visitors」に名古屋初登場の4劇団

ニュース
2017.8.21
ナビロフト×伊丹想流私塾 交流企画「Visitors」チラシ表

ナビロフト×伊丹想流私塾 交流企画「Visitors」チラシ表


ナビロフトと伊丹想流私塾による「Visitors」が開催される。

ナビロフトと伊丹想流私塾の“交流企画”と銘打ち、開催される本企画。ナビロフトは、北村想が代表を務めた劇団プロジェクト・ナビのアトリエとして開設され、2003年に解散後は小劇場として独立運営を開始した劇場で、伊丹想流私塾(現・伊丹想流劇塾)は北村が塾長を務める劇作家養成講座。今回は、その伊丹想流私塾の卒業生である4劇団、光の領地、虚空旅団、極東退屈道場、空の驛舎が登場しオリジナル作品を上演する。そのほか関連企画としてワークショップなども開催されるので、気になる人はチェックしてみては。

「Visitors」開催に向けてナビロフトプロデューサーの小熊ヒデジは「今回来名する四劇団はいずれも名古屋初登場、もちろん塾卒業生を座付き作家に持ち、現在、関西で大きな注目を集めている精鋭ばかりです。<Visitors>は、当地域の演劇界に大きな刺激をもたらし、関西と名古屋の都市間交流推進に大きく寄与することでしょう」と自信を見せている。

小熊ヒデジ コメント

僕は前々から、名古屋は日本の真ん中くらいに位置しているのだから、日本演劇界のハブ空港みたいになれたら良いのにと思っていました。そのためにすべきことは沢山あり、少しずつそれに向かって歩みを進めていたのですが、昨年、ナビロフトというプラットホームの運営に携わることができ、さらにこのタイミングで、伊丹想流私塾との交流企画<Visitors>を開催できるということは、とても大きなことだと思っています。
想流私塾は、日本演劇界の中核を担う人材を次から次へと輩出している、凄い劇作家育成講座です。今回来名する四劇団はいずれも名古屋初登場、もちろん塾卒業生を座付き作家に持ち、現在、関西で大きな注目を集めている精鋭ばかりです。<Visitors>は、当地域の演劇界に大きな刺激をもたらし、関西と名古屋の都市間交流推進に大きく寄与することでしょう。そしてこの事業が、第二回目、三回目の<Visitors>に繋がり、さらには、関西以外からのビジターがこの地を訪れる道標となるよう、スタッフ一同頑張りたいと思っています。
沢山の皆様のご来場を願っています。演劇は、アーティストだけでなく、観客の皆様や多くの協力者、劇場や稽古場などを含む様々な環境に支えられて成り立っています。関西から名古屋へ、名古屋から全国への礎となる<Visitors>を、どうぞよろしくお願いいたします。

ナビロフト×伊丹想流私塾 交流企画「Visitors」

虚空旅団「Voice Training」

2017年9月22日(金)~24日(日)
兵庫県 AI・HALL

2017年10月6日(金)~8日(日)
愛知県 ナビロフト

作・演出:高橋恵

光の領地「振って、振られて」

2017年9月27日(水)~10月1日(日)
愛知県 ナビロフト

2017年10月7日(土)
大阪府 座・九条

作:くるみざわしん
演出:増田雄

極東退屈道場「ファントム」

2017年11月24日(金)~26日(日)
兵庫県 AI・HALL

2017年12月9日(土)・10日(日)
愛知県 ナビロフト

作・演出:林慎一郎

空の驛舎「かえりみちの木」

2018年2月24日(土)・25日(日)
愛知県 ナビロフト

2018年3月16日(金)~18日(日)
兵庫県 AI・HALL

作・演出:中村ケンシ

ステージナタリー
シェア / 保存先を選択