高橋ひとみも「一緒に踊りたくなった」 体感型ドラムエンターテイメント『ドラムストラック』10周年目の東京公演が開幕

レポート
舞台
2017.8.22
『ドラムストラック』

『ドラムストラック』

画像を全て表示(4件)

今年で日本公演10周年となる『ドラムストラック』の東京公演が、8月16日(水)に天王洲銀河劇場で初日を迎えた。南アフリカで生まれ、ニューヨークのオフブロードウェイで18ヶ月ものロングランを記録する人気を博した公演『ドラムストラック』は、観客全員が〝ジェンベ”と呼ばれるアフリカンドラムを手にし、キャストと一緒にドラムを叩きながらアフリカンミュージックを楽しめる、体感型ドラムエンターテイメント。

『ドラムストラック』

『ドラムストラック』

2008年にスタートした日本公演の記念すべき10周年にあたる今年は、歌手のAIを『10周年記念アンバサダー』に迎え、スペシャルイヤーとして内容もパワーアップ。初日の公演は大盛り上がりの中、サッカーのワールドカップ南アフリカ大会のテーマソングであり、AIがカバーした曲「Wavin’ Flag」のパフォーマンスが始まると、客席ではこれを知っていた熱狂的なファンたちが南アフリカの国旗を振り始め、曲のタイトルそのままの情景に会場から歓声があがった。

『ドラムストラック』

『ドラムストラック』

この初日公演には、南アフリカ観光親善大使を務める女優の高橋ひとみが来場し、メディアのインタビューに答えた。「手が痛くなるほどドラムを叩いた。一緒に踊りたくなってしまって、お酒を飲んでいたら危なかった」という高橋ひとみは「子供たちがあんなに喜んで、家族で楽しめる。10年続く理由がわかった。今度は夫婦で叩いて、その夜はノリノリで楽しみたい」とアツアツぶりをアピール。そして「南アフリカは実はとても美しいところで、このドラムストラックの雰囲気は、本当に南アフリカにいるような感覚にもなる」と観光親善大使としても、しっかりPRした。

『ドラムストラック』

『ドラムストラック』

また、同公演は人気急上昇中のお笑いコンビ、ANZEN漫才がスペシャルサポーターを務め、その記念企画として、足立区に在住の来場者には特典のプレゼントも。公演は8月27日(日)まで、天王洲銀河劇場で上演される。

公演情報
『ドラムストラック』
■公演期間 2017年8月16日(水)~8月27日(日)
■公演会場 天王洲銀河劇場(東京・天王洲)
■出 演 ドラムカフェ
■料 金 全席指定 8,300円    18才以下 5,200円
■オフィシャルHP http://hpot.jp/drumstruck/top.html
ホリプロチケットセンター 03-3490-4949 http://hpot.jp/

 
シェア / 保存先を選択