マイク一本で勝負やで! 6回目を迎えた素人が手掛ける話芸大会、決勝が開催に

ニュース
2017.9.5

画像を全て表示(2件)

『第6回関西演芸しゃべくり話芸大賞』の決勝戦が10月15日(日)に行われる。

プロダクションにとらわれず、プロも素人も同じ舞台で話芸を競い合う大会を開きたいという思いで、素人が手作りで始めた大会が6回目を迎えた。

本大会はギャグや動きだけではなく、言葉の力や、語りの魅力を駆使する“話芸”の素晴らしさを伝え残したいという考えのもと、2012年に創設された。漫才、コント、漫談、朗読、講談など、プロアマ、形式や人数は不問だ。

2016年に開催された、第5回ではプリマ旦那が大賞に輝いた。

プリマ旦那

プリマ旦那

 
イベント情報
第6回関西演芸しゃべくり話芸大賞

予選:平成29年9月9日(土)、予備日10日(日)  於 道頓堀ZAZA
決勝:平成29年10月15日(日)
場所:ホテル エルセラーンホール

審査委員長:澤田隆治(メディアプロデューサー)
審査員:林千代(シナリオライター)、大池晶(漫才作家)、本多正識(漫才作家)、中井政嗣(関西演芸推進協議会専務理事)

<表彰>
■しゃべくり話芸大賞(1組)
優勝賞金 30万円
道頓堀リバーフェスティバル出演権
■準グランプリ(1組)
賞金:10万円
■特別賞(数組)
賞品

 
シェア / 保存先を選択