WOWOWでパリ・オペラ座バレエ団の最新公演を5回にわたり特集放送

SPICER
「眠れる森の美女」

「眠れる森の美女」

画像を全て表示(6件)

世界最古・最高峰のバレエ団による名演がズラリと並ぶ

WOWOWが7月、フランスのパリ・オペラ座バレエ団の最新公演を5回にわたり特集放送する。

350年以上の歴史を持つパリ・オペラ座バレエ団は、バレエ界における世界最古にして最高峰のバレエ団だ。ルイ14世によって国家事業として団体が組織、専用劇場も建設された。ダンサーたちは、併設のバレエ学校で厳しい研修を受けた後、選抜を経てバレエ団に所属。そこでさらにバレエ団の頂点・エトワールの座を目指し熾烈な競争を続けていく。世界最高峰に君臨し続ける所以だ。

「水晶宮」

「水晶宮」

2014年11月よりバンジャマン・ミルピエが37歳の若さで芸術監督に就任した。ミルピエはフランス人ながら、パリ・オペラ座出身ではなく、ニューヨーク・シティ・バレエ団の元プリンシパルで振付師だった(2011年退団)。私生活では映画『ブラック・スワン』(2010年)における劇中バレエの振付でナタリー・ポートマンと出会い、2012年に結婚に至ったことはつとに知られる。二枚目の風貌も手伝って何かと話題の彼が、伝統を誇るバレエ団の芸術監督に大抜擢されたことはバレエ界を驚愕させた。

「パリ・オペラ座バレエ団特集 2012−2014」と銘打った今回の特集放映。ルドルフ・ヌレエフ振付『眠れぬ森の美女』『ドン・キホーテ』(ともに7月18日放送)、バンジャマン・ミルピエ振付『ダフニスとクロエ』+ジョージ・バランシン振付『水晶宮』(7月25日放送)、ジョン・ノイマイヤー振付『マーラー交響曲第三番』(7月25日放送)、ジェローム・ロビンス振付『ダンシズ・アット・ア・ギャザリング』+アレクセイ・ラトマンスキー振付『プシュケ(プシシェ)』(7月25日放送)という、古典、名作から、最先端のモダンバレエまで、バラエティに富んだラインナップで、“パリ・オペラ座の現在”を堪能できる。

「プシュケ」

「プシュケ」

また、番組内では東京バレエ団プリンシパルの上野水香と柄本弾がパリ・オペラ座バレエ団の魅力を語るインタビューも放送される。2人は2012年、東京バレエ団公演『ザ・カブキ』でパリ・オペラ座の舞台にも立っている。パリ・オペラ座の舞台を、「歴史と伝統があり、バレエ界最高峰のバレエ団の公演が行われている。バレエダンサーにとって、一度は立ちたい憧れの劇場」と上野。さらにその舞台に実際に立った時は、「私のなかで、どの劇場よりも立ってみたかったので嬉しかった。いざ立ってみると、客席に向かって斜めになっている舞台なので、ダンサーにとっては試練でしたね。そして舞台に飲み込まれるような感覚もありました」と、念願の舞台に立った感想を語る。同じく憧れの劇場であった柄本は、「劇場の外観を見た時から、そのまま本番直前まで緊張していたことを思い出します。でも、本番になったら不思議なことに集中して踊ることができた。パリ・オペラ座は、パワースポットのように、元気になる劇場ですね」。柄本の“パワースポット”という表現には上野も同意する。

左より、柄本弾、上野水香

左より、柄本弾、上野水香

今回WOWOWで放送される作品の中で“バレエ初心者におすすめ”の作品として、二人はヌレエフ『眠りの森の美女』を挙げた。上野「とてもエレガントな振付で舞台装置も、衣裳も素敵。いつかこの作品全幕をパリ・オペラ座の舞台で踊ってみたい」。柄本「バレエを見るというと、壁を感じてしまう人も多いと思うが、『眠り〜』は皆さんよくご存知のストーリーなので1本の映画を見るように軽い気持ちで見てもらえると思います」。さらに、ノイマイヤー『マーラー交響曲第三番』の、見応えのある壮大なステージは一見の価値ありと声を揃える。

「マーラー交響曲第三番」

「マーラー交響曲第三番」

SPICE編集部の推しは断然、新芸術監督ミルピエ渾身の振付作品『ダフニスとクロエ』だ。作曲はラヴェル。ギリシャ神話をモチーフとしながらも、フランス音楽の神髄がギュッと詰まった美しすぎるバレエ音楽。フィリップ・ジョルダンの指揮でパリ・オペラ座管弦楽団が極上の演奏を聴かせる。また、現代アート作家ダニエル・ビュランの手掛けた抽象的かつシンプルでカラフルな美術が、ミルピエの振付に最高にマッチしている。もちろん主役のダフニスとクロエを踊るエルベ・モローとオーレリ―・デュポンのダンスには非の打ち所がない。この作品、初演はロシア・バレエ団、フォーキン演出、ニジンスキー主演と、その知名度は非常に高いものの、その割に必ずしも上演機会が多いとも言い難く、その意味でもミルピエによるパリ・オペラ座新版はぜひ目に耳に焼き付けて欲しい。

なお、前述のオレリー・デュポンやエルベ・モローをはじめ、世界で活躍するトップダンサーが集結する「第14回世界バレエフェスティバル」が8月1日(土)~13日(木)、東京上野・東京文化会館にて開催される。テレビでパリ・オペラ座の珠玉の公演を見た後には、生の舞台に触れてさらにバレエの魅力にハマるも一興だろう。

イベント情報
WOWOW「パリ・オペラ座バレエ団特集 2012-2014」
7月18日(土)、25日(土)午後2:00~(全5回)
詳しくは番組オフィシャルHP 
 
イベント情報
第14回 世界バレエフェスティバル

東京文化会館(上野)

<Aプロ>
2015年
8月 1日(土)2:00p.m.
8月 2日(日)2:00p.m.
8月 4日(火)6:00p.m.
8月 5日(水)6:00p.m.
8月 6日(木)6:00p.m.

<Bプロ>
2015年
8月 8日(土)2:00p.m.
8月 9日(日)2:00p.m.
8月11日(火)6:00p.m.
8月12日(水)6:00p.m.
8月13日(木)6:00p.m.

 ▶チケット情報はこちら
シェア / 保存先を選択