本日9/24「ポーランドの至宝」マルチン・ボシレフスキ・トリオのライヴをハイレゾ音質でストリーミング配信

SPICER
 (c)Andrzej Łazarz

(c)Andrzej Łazarz

マルチン・ボシレフスキ・トリオ」特別コンサートがハイレゾ音源で全世界ストリーミング配信

ポーランドが世界に誇るスーパー・ジャズ・ピアノ・トリオといえば、「マルチン・ボシレフスキ・トリオ」だ。先日(9月21日)高崎音楽祭でも独自の美サウンドを完璧に披露して好評を博したばかりの彼らだが、本日9月24日(木)夜には駐日ポーランド共和国大使館(東京・三田)で特別コンサート「ポーランド広報文化センター主催 マルチン・ボシレフスキ・トリオ Live」を行なう。

…残念ながら、このコンサートはポーランド大使館から招待されたごくごく限られたVIPしか参加できない。しかし、ここに来て、凄い「朗報」が飛び込んで来た!

なんと、本日のこのライヴ、ストリーミング配信によって全世界に向けてネット生中継されることが決まったのだ(http://dsd.st/ja/)。しかも、「DSD 5.6MHz方式」のDSDライブ・ストリーミング配信。「DSD 5.6MHz方式」とは、昨今人気の高いハイレゾ音源配信の標準的なフォーマットであり、アナログ音声を忠実に再現した高品質の音源配信を実現するものだ。

つまり、ハイレゾオーディオの環境さえ整えれば、驚異的な臨場感で「ポーランドの至宝」と称せられる「マルチン・ボシレフスキ・トリオ」の超貴重なライヴを堪能することが出来るのである。

DSDライブ・ストリーミング配信を楽しむために必要な機材及び環境設定については、http://dsd.st/ja/howto/ を参照されたし。特に、専用ソフトウェア「PrimeSeat」のインストールが重要だ。

なお、今回の配信は10月9日(金)まで、オンデマンド試聴が可能だ。DSDライブ・ストリーミング配信では「東京・春・音楽祭」や「PMFオーケストラ演奏会」等、素晴らしいコンテンツが各種用意されているので、今回を機にその使い心地をぜひお試しいただきたい。
 

ライヴ配信情報
Marcin Wasilewski Trio Live at Embassy of the Republic of Poland in Tokyo

http://dsd.st/ja/
2015 年9 月24 日(木)
・ライブ・ストリーミング配信時間:19:15~20:15(予定)
・出演:マルチン・ボシレフスキ・トリオ
・協力会社および団体:株式会社インターネットイニシアティブ、株式会社コルグ、有限会社サイデラ・パラディソ

 

マルチン・ボシレフスキ・トリオ プロフィール​
世界各地で高い評価を受けるポーランド出身のジャズトリオ(ECM レコードアーティスト)。現代的ジャズと重要な役割を担うピアノ・パートをキーに、国内外の音楽シーンには欠かせない存在となっているジャズ・トリオ。偉大なジャズの伝統と近代性の融合を追求する一方で、独自のサウンドを創り上げることに成功している。その活動の始まりはポーランド、コシャリンでの音楽学校時代まで遡る。トリオの中心的存在を果たすピアニスト、マルチン・ボシレフスキと同年のスワヴォミル・クルキエヴィッツ(ベース)がセッションを始め、後にミハウ・ミスキエヴィッツ(ドラム)が加入して「シンプル・アコースティック・トリオ(SAT)」を結成。2013 年、トリオは結成20 周年を迎えた。2000 年発表Habanera は日本でも人気を集めた。
HP: http://pl.marcinwasilewskitrio.com/
Facebook:
https://www.facebook.com/marcinwasilewskitrio.official
関連リンク:http://dacapo.magazineworld.jp/music/92486/
シェア / 保存先を選択