『スカーレット・ピンパーネル』ビジュアル撮影レポート vol.1(全3回)石丸幹二、安蘭けい、石井一孝

レポート
舞台
2017.9.29
『スカーレット・ピンパーネル』

『スカーレット・ピンパーネル』

画像を全て表示(11件)

1997年フランク・ワイルドホーンが作曲を手掛け、NYブロードウェイで初演されたミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』が、再び上演される。昨年秋、世界で活躍する演出家・ガブリエル・バリーがこの公演の為に来日して潤色・演出を務め、フランク・ワイルドホーンによる新曲も加えられた世界初の新バージョンとして上演され好評を博した。今回は、前回演出補として参加した石丸さち子が演出に加わる。

パーシー 石丸幹二、マルグリット 安蘭けい、ショーヴラン 石井一孝という主要キャスト3名は続投となる為、更に深く掘り下げた演技に期待がかかる。一方で、メインとなる他のキャストは大幅に入れ替わり、ロベスピエールとプリンス・オブ・ウェールズの二役を務める上原理生のほか、デュハースト 泉見洋平、アルマン・サンジュスト 松下洸平、オジー 久保貫太郎、ベン 久保田秀敏、エルトン 多和田秀弥、ハル 東 啓介、ファーレイ 藤田 玲というピンパーネル団の7名は全員初参加。マリー・グロショルツ 則松亜海は、前回に引き続きピンパーネル団の活躍を支え、彩を添える。

この度、ビジュアル撮影が行なわれたので、その模様を3回に分けてお届けする。
 

パーシー役 石丸幹二

パーシー役 石丸幹二

パーシー役 石丸幹二

石丸幹ニはスタジオ入りするやいなや、先に撮影をしていた相手役の安蘭けいに声をかける。「久しぶり」と言いながら近況を話す様子から、昨年の稽古から公演中、一緒に過ごした時間がいかに充実していたかを感じ取れる。二人揃って口々に「再演されるかなとは思っていたけど、こんなに早く実現したことが嬉しい」と話す。ちゃめっけたっぷりの二人のやり取りは、舞台上でも楽しめそうだ。

パーシー役 石丸幹二

パーシー役 石丸幹二

やがて、石丸は衣裳に着替えて登場。大きなフリルの付いたブラウスに黒ブーツ、ベストにも細やかな装飾が施され、青色の上着は高級感が漂っている。この衣裳を着ただけで英国貴族の伊達男が完成となるのだが、そこに気品ある華やかさが加味されているところが石丸の持ち味によるものであろう。パーシーの陽気で明るい表の顔と、裏で暗躍している別の顔、その両面をのぞかせながらポーズを決めていく。何か物想いにふけっているかと思えば、いたずらの笑みを浮かべて何かを企んでいるような、かと思えば大きな包容力で包み込むような表情を見せ、石丸が演じるパーシーの魅力がはじけたビジュアル撮影となった。

<石丸幹二 コメント>
僕の演じるパーシーはイギリス1の大金持ちの貴族で、正体を隠して戦うスーパーヒーロー。彼は用意周到で何をもくろんでもすべて成功しますから、演じていて心が躍ります。また、ワイルドホーンの曲が見ているお客さんをワクワクさせるんです。芝居に音楽が加わるとよりハラハラする。ほんと、いいナンバーばかりです。

前回、チケットが完売して、多くの方に見ていただけるチャンスがなかったので、今回、ぜひ足をお運びいただけたらと思います。メンバーも大幅に変わりますので、新たなキャストの魅力もふんだんにご覧いただけるかと。この1年の間、私たちも新たな経験を重ねてきた上で、この作品に取り組みます。前回、ご覧になった方も新しい発見があると思いますので、ぜひ。
石丸幹二、安蘭けい対談インタビューより抜粋)
 

マルグリット役 安蘭けい

マルグリット役 安蘭けい

マルグリット役 安蘭けい

安蘭は、ドレスの裾が大きく膨らんだドレスを身にまとって登場。前回の公演のパンフレット撮影では、デコルテが大きく開き、体のラインが見えるシルエットのドレスだったので、今回はだいぶ雰囲気の違う写真となりそうだ。元コメディ・フランセーズの花形女優ということもあり華やかなドレスも多い。「この作品ではすごく素敵な衣裳を着せてもらえる」と微笑む。本作品には宝塚歌劇上演時にはない、マルグリットのシーンも描かれており、前回見逃した方はあっと驚く姿で登場する“あの場面”を楽しみにして欲しい。宝塚歌劇初演でパーシーを演じた安蘭が、最後のアクションシーンでどのような活躍を見せるのかにも注目だ。撮影では凛とした表情を漂わせつつ、微妙な角度でドレスの美しさを際立たせる様子はさすが。

マルグリット役 安蘭けい

マルグリット役 安蘭けい

撮影の合間には、スタッフと話しながら前回の上演時にどんなことがあったかを思い出している様子。ピンパーネル団のキャストがガラリと変わるので、関わるキャストが変われば新たな面をのぞかせるだろうし、石丸演じるパーシーと石井演じるショーヴランとの三角関係はより深まった表現になるだろう。

マルグリット役 安蘭けい

マルグリット役 安蘭けい

<安蘭けい コメント>
マルグリットは元女優で活動家、パーシーの妻であり芯が通った強い女性です。結婚パーティーは最高に幸せだったのに、パーシーの態度が豹変して辛かったです。でも愛しているが故に言えない。弟の問題で余計パーシーに話せない。強い女性だけど、やはり家族には弱い。そこは女らしいところですね。パーシーはイギリス1の大金持ちなので、着る衣装はどれも煌びやか。私も夫パーシーのおかげで真っ赤、真っ白と、素敵なドレスを着放題です。

この『スカーレット・ピンパーネル』は貴族の目線で描かれた話。貴族が自らが参加して、悪を懲らしめるのが素敵なんですよ。スカッとしますよね。最後、お客様に希望をお持ち帰りいただけるのが、すごくミュージカルらしいと思います。宝塚でも再演されているので、見比べるのも面白いでしょう。劇場でお待ちしています!
石丸幹二、安蘭けい対談インタビューより抜粋)
 

ショーヴラン役 石井一孝

ショーヴラン役 石井一孝

ショーヴラン役 石井一孝

初演に続きショーヴラン役を演じる石井一孝は、「どんな感じだったっけ?」と、前回のパンフレットを眺めてから撮影に臨んだ。それまで世間話に花を咲かせていたが、ショーヴランの曲をかけると、瞬時にスイッチオン。熱いだけでなく、切なさや哀しさという心情も表現していく。大好きな役に再び出会えて幸せという感情が体中からみなぎっているのを感じた。

ショーヴラン役 石井一孝

ショーヴラン役 石井一孝

ショーヴラン役 石井一孝

ショーヴラン役 石井一孝

石井一孝 コメント>
この作品と出会えたのは、僕の役者人生の中でとても大きな意義があります。役者仲間は次々にフランク・ワイルドホーンが作曲した作品に出演しているというのに、フランクが大好きな僕にはなかなかご縁がありませんでした。でも『スカーレット・ピンパーネル』で見事に夢が叶い、続けて『デスノート』にも出演させて頂き、今じゃフランクとはすっかりメル友です(笑)。

他にも素敵な出会いがありました。この作品で石丸幹ニさんと初めて共演させて頂き、公演後も僕のコンサートに電報を下さったり、僕からも送ったりという交流が続いています。本当に素敵な方で尊敬しています。瞳子ちゃん(安蘭けい)とは前から仲良かったけど、この作品で更にそれが深まりました。この公演は、僕にとっていいことづくしです(笑)。

初演時、この作品をやらせて頂くと決まってから、CDも何度も聞き込んで、台本も読んで、セリフと歌をバッチリやるぞ!と思って稽古日を迎えたのですが、いざ蓋を開いてみたら、何よりもフェンシングが一番大変でした(笑)。今回またそれに挑むと思うと恐怖もありますが(笑)、今回も幹ニさんにお手合わせ頂き切磋琢磨しながら稽古して、初演から何倍もグレードアップしたものをお届けしたいと思います。楽しみにしていて下さい。
 

取材・文・撮影=住川絵理
【ビジュアル撮影レポート】

vol.2 上原理生、 泉見洋平、松下洸平
vol.3 久保貫太郎、久保田秀敏、多和田秀弥、東 啓介、藤田 玲、則松亜海

公演情報
ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』 
 

■日程
2017年11月13(月)~15日(水) 梅田芸術劇場メインホール
2017年11月20日(月)~12月5日(火)  TBS赤坂ACTシアター

■出演者
石丸幹二/安蘭けい/石井一孝/上原理生 泉見洋平 松下洸平
久保貫太郎 久保田秀敏 多和田秀弥 東啓介 藤田玲 則松亜海 ほか
 
原作:バロネス・オルツィ
脚本・作詞:ナン・ナイトン
作曲:フランク・ワイルドホーン
訳詞・翻訳・潤色:木内宏昌
潤色・演出:ガブリエル・バリー
演出:石丸さち子

公式HP     http://www.umegei.com/the-scarlet-pimpernel/ 
公式ツイッター  @pimpernel_2017

東京公演主催:TBS・梅田芸術劇場 
大阪公演主催:朝日放送・梅田芸術劇場

企画・制作:梅田芸術劇場

 

 

シェア / 保存先を選択