[韓国MUSICAL]イ・ジョンヒョク、IVY出演、2015年版『シカゴ』上演!

今年で韓国初演から15年を迎えたミュージカル『シカゴ』。昨年、歴代最高の客席占有率を記録したキャストが2015年にも再集結する。

今年で韓国版公演は12回目を迎える『シカゴ』は、ソウルだけでも500回以上、55万人以上の観客を魅了した定番作品。2000年の初演時には世宗文化会館大劇場を全席完売にする興行神話を記録し、その後2003年から2014年まで平均観客占有率80%以上を維持してきた。特に今年6月には12年ぶりにオリジナルプロダクションの来韓公演も実施して、『シカゴ』への注目度が高まっていたなかでの再演となる。

本作は狂騒の20年代と呼ばれ、経済、文化など社会全体が急成長を遂げた1920年代の米国シカゴが舞台。ジャズとギャングの隆盛が目覚ましかった時代に、痴情のもつれで殺人を犯した二人の女性ヴェルマとロキシー、そして彼女たちの弁護を引き受けた敏腕弁護士ビリーを中心にストーリーが展開する。裁判で無罪を勝ち取り、ショービズ界への復帰をもくろむヴェルマとロキシーの攻防、彼女たちを操るビリーや、裁判をこれ幸いとネタにするタブロイド紙の記者メアリーなど、欲望や裏切りが交錯する人間模様がみどころ。そして、ブロードウェイの伝説ボブ・フォッシーが生み出したシンプルながらドラマチックな振付、ビッグバンドが奏でるジャズの軽快でスウィンギ―なサウンドなど、1920年当時のシカゴで流行していたというヴォードヴィルショー形式ミュージカルが楽しめる作品だ。

韓国版の魅力は、何といってもミュージカル界で活躍してきたベテラン俳優たちの名演を楽しめることだ。
夫と妹の不倫現場を目撃し、二人を殺害して刑務所行きとなったヴォードヴィルダンサー、ヴェルマには同役を長年演じてきたチェ・ジョンウォン。そしてヴェルマと同様に愛人を殺害して収監されたものの、メディアを利用して陪審員を惑わせ、無罪に持ち込もうとするナイトクラブの歌手ロキシー役には2012年以来、この役を演じているIVYが務める。また、二人の弁護を引き受けた負け知らずの敏腕弁護士ビリー役にはソン・ギウンと、ドラマやバラエティでもおなじみのイ・ジョンヒョクが演じる。そのほか、ヴェルマとロキシーが収監されている監獄の看守ママ・モートン役にはチョン・スギョンとキム・ギョンソンと、実力派キャストたちがずらりと名を連ねている。

ショーミュージカルの醍醐味をたっぷりと味わえる2015年版『シカゴ』は11月14日から、2016年2月6日まで新道林(シンドリム)のD-CUBEアートセンターで上演される。


【公演情報】
ミュージカル『シカゴ』(시카고)
2015年11月14日~2016年2月6日 D-CUBEアートセンター

<出演>
●ヴェルマ・ケリー役:チェ・ジョンウォン
●ロキシー・ハート役:IVY
●ビリー・フリン役:イ・ジョンヒョク、ソン・ギウン
●ママ・モートン役:チョン・スギョン、キム・ギョンソン
●エイモス役:リュ・チャンウ
●メリー・サンシャイン役:キム・ソンジュン
ほか、チェ・ソンデ、ソ・マンソク、チャ・ジョンヒョン、チョン・ホジュン、ユ・チョルホ、キム・シヨン、キム・ジュンテ、ペク・ドゥサン、キム・ソイ、チェ・うんじゅ、イ・スヒョン、パク・ミホン、ヨン・ボラ、ハ・へミン、ペク・ヒョンジュ、キム・ジウン

脚本:ジョン・カンダー(John Kander)/作曲・作詞:フレッド・エッブ(Fred Ebb)/振付:ボブ・フォッシー(Bob Fosse)/演出:ターニャ・マリア(Tania Maria Jesus Da Silva)/音楽監督:ロバート・ボウマン(Robert Bowman)/振付:グレゴリー・バトラー(Gragory Kenneth Butler)

写真提供:シンシカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

 
韓劇.com
シェア / 保存先を選択