『実験落語 neo』にレジェンド月亭可朝が緊急参戦!

ニュース
舞台
2017.10.20


その昔、渋谷ジァンジァンで毎月開催されていた落語史の伝説的イベント、三遊亭円丈が主催する新作落語の会『実験落語』が、『実験落語 neo』の名で同じ渋谷の地、CBGKシブゲキ!! において昨年2016年6月から復活している。

これまで、次のようなラインアップで上演され、回を重ねるごとに注目度を高めてきた。

過去の上演記録
第一弾『シブヤ炎上』:三遊亭円丈、林家しん平、ダンカン、清水宏、神田松之丞
第二弾『シブヤ炎上ふたたび』:三遊亭円丈、柳家小ゑん、柳家喬太郎、立川吉笑、桂三度
第三弾『シブヤ炎上またもや』:三遊亭円丈、川柳川柳、夢月亭清麿、立川談笑、石田明(NON STYLE)
第四弾『シブヤ炎上するかも』:三遊亭円丈、立川左談次、橘家文蔵、春風亭百栄、松尾貴史
第五弾『シブヤ炎上まつり』:三遊亭円丈、柳家さん喬、桂雀々、林家彦いち、玉川太福(浪曲)
第六弾『シブヤ炎上 2017 夏コレクション』:三遊亭円丈、柳家喬太郎、春風亭百栄、瀧川鯉八、じゅんいちダビッドソン
第七弾『シブヤ炎上しまくり』:三遊亭円丈、桂文珍、三遊亭白鳥、春風亭昇々、清水宏


そして、来たる11月24日には第8弾の上演が決定している。今回は、笑点でおなじみ、円丈の著作では、底知れぬ知識人と記される林家木久扇が参戦するほか、円丈の四番弟子、古典落語も新作落語もこなし、さまざまな落語会に引っ張りだこの三遊亭天どん、入門5年目でNHK新人演芸大賞を受賞、その後も破竹の勢いが止まらない愛ある毒舌家・桂宮治が登場。そして、さらに! なんと『嘆きのボイン』で一世を風靡したレジェンド、月亭可朝の緊急参戦が決まった。

月亭可朝

月亭可朝

実験落語の予測不能な珍展開、大いに期待したい。

公演情報
『実験落語 neo〜シブヤ炎上 2017 晩秋〜』
■日程:2017年11月24日(金)19時開演
■会場:CBGKシブゲキ!!(渋谷区道玄坂 2-29-5  ザ・プライム 6F)
■出演:三遊亭円丈、林家木久扇、三遊亭天どん、桂宮治 / 月亭可朝
■料金:前売・当日とも 3,800 円(全席指定・税込)
■チケット一般発売:2017年10月21日(土)
■主催/問合せ:CBGKシブゲキ!! info@cbgk.jp 03-6415-3363
■キューブ公式サイト:http://cubeinc.co.jp/
シェア / 保存先を選択