大友良英が『札幌国際芸術祭2017』ゲストディレクターに就任

『札幌国際芸術祭2017』のゲストディレクターを大友良英が務めることが発表された。

2017年夏に北海道・札幌での開催を予定している同イベント。大友は今回の起用について「わたしがゲストディレクターに選ばれるというのは、誰にとっても意外なことだったと思います」「専門家であれ、そうではない人であれ、もう一度、耳をすましてみる、目をこらしてみる。そして一緒につくってみる。そんな、どこにもない芸術祭を札幌で出来ればと思っています」とコメントしている。

実行委員会は大友の選考理由として、『プロジェクトFUKUSHIMA!』をはじめとする市民参加型プロジェクトや、ディレクターを務める『アンサブル・アジア』における国内外での活動実績に加えて、幅広い年齢層から支持を集めている点、音楽の領域を超えた幅広い表現を行っている点などを挙げている。

『札幌国際芸術祭』は、札幌初の国際的なアートフェスティバルとして2014年にスタート。第1回は坂本龍一がゲストディレクターを務めた。

大友良英のコメント

わたしがゲストディレクターに選ばれるというのは、誰にとっても意外なことだったと思います。なにしろ当の本人もびっくりしているくらいですから。札幌が、そのくらい意外な人選をしたということは、誰も想像つかないような芸術祭をわたしにやってくれ...という強いメッセージだとも受け取りました。幸い札幌は、わたしの音楽のキャリアのスタートから深い関係のある土地です。全力でこの依頼、受けたく思います。
震災後、さまざまな活動をしていくなかで、わたしの中に芽生えた大きな確信があります。それはあらゆる表現は専門家だけのものではないということです。もちろん、専門領域で熟達した人々でなくては出来ないものもあります。同時に専門領域の人だけでは見えない世界もある...そう思うようになりました。それは音楽や美術の話だけではなく、ありとあらゆる領域で言えることかもしれません。そんな両者の扉を開くこと。普段は出会うことのない世界が出会うことで、ハレーションを起こしたり、新しい発想が生まれたり、もしかしたら見たことも聴いたこともないものが生まれたり。
専門家であれ、そうではない人であれ、もう一度、耳をすましてみる、目をこらしてみる。そして一緒につくってみる。そんな、どこにもない芸術祭を札幌で出来ればと思っています。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択