「アートフェア東京2016」開催概要が発表

今年約5万5千人が来場し、来年で11回目の開催となる「アートフェア東京」の概要が発表された。

一般会期は2016年5月12日(木) 〜 5月14日(土)までの3日間。会場は例年と同じ東京国際フォーラム・展示ホール。入場料は1DAYパスポートが2000円で発売予定。例年は3月に開催されていたが、会場である東京国際フォーラムのメンテナンスの都合により、今回のみ5月中旬の開催となる。

9月28日で一般出展の申込受付を終了し、10月5日より企画展ギャラリーの募集を開始する。出展ギャラリーなどは随時公表される予定だ。

主催する一般社団法人アート東京は、開催に向け「世界的なアートマーケットが活況の中、アートマーケットの拡充のみならず、アートによる多方面への展開を目指し、創造力を活性化しながら日本の力に変えていきたい」と意気込む。

開催概要は以下のとおり。

■アートフェア東京 2016(ART FAIR TOKYO 2016)
主催: 一般社団法人アート東京
企画: アートフェア東京 2016 実行委員会
制作: エートーキョー株式会社
企画内容: 国内外コマーシャルギャラリーによる美術作品の展示及び販売
開催日程: 2016年5月11日(水) 〜 5月14日(土) 4日間

■ファーストチョイス(特別内覧会) &オープニングプレビュー
5月11日(水) 16:00 〜 21:00

■一般会期
5月12日(木) 11:00 〜 21:00
5月13日(金) 11:00 〜 20:00
5月14日(土) 10:30 〜 17:00(開場時間は全て予定)

会場: 東京国際フォーラム・展示ホール(東京都千代田区丸の内3-5-1)
予想入場者数:6万人
入場料:1DAYパスポート2000円(予定)
後援/協賛:各国大使館/多数企業/他(予定)

アートフェア東京2016 公式ウェブサイト
http://artfairtokyo.com

執筆:赤江龍介、編集協力:岡徳之

Tokyo Art Beat
シェア / 保存先を選択