英国から待望の来日公演『TOP HAT』遂に開幕!

レポート
2015.10.4
 撮影=花井智子

撮影=花井智子

初日観劇レポート

映画史にその名を刻むダンシング・コンビ、フレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースが1935年に主演し、一世を風靡した映画「TOP HAT」。2011年にはイギリスでミュージカル化され、日本初演となる宝塚版が今年の春に上演されて好評を博したことも記憶に新しい。そして、イギリスからの待望の来日公演が、9月30日、シアターオーブにて初日の幕を開けた。

■公演の見どころ

撮影=花井智子

撮影=花井智子

撮影=花井智子

撮影=花井智子

ブロードウェイの人気スター、ジェリーは、プロデューサーのホレスに招かれ赴いた公演先のロンドンで、モデルのデイルに心奪われる。まんざらでもないデイルだが、こともあろうにジェリーを、女友達の夫、すなわちホレスと勘違い。ロンドンからヴェニスに場所を移し、周囲を巻き込んでの二人の恋の騒動の行方は――? 映画の流れを踏襲しながらも、物語はテンポよく展開、舞台転換の際も楽しいダンスが挟み込まれ、2時間40分を飽きさせない。モノクロの映画版に親しんできた観客なら、作品世界が色彩も鮮やかに立ち上がることに新鮮な驚きを覚えるかもしれない。1930年代の香りを伝えるシックな色合いの衣裳も美しく、2013年度のローレンス・オリヴィエ賞で最優秀新作ミュージカル賞、振付賞、衣裳デザイン賞を受賞したこともうなずける。

撮影=花井智子

撮影=花井智子

撮影=花井智子

撮影=花井智子

何と言ってもすばらしいのは、主演を務めるアラン・バーキットとシャーロット・グーチの二人。長身のバーキットはアステアをどこか思わせる風貌で、タップ・ダンスのチャンピオンシップで優勝したこともある実力は折り紙つき。キュートな微笑みを浮かべつつ、いとも軽やかに妙技を繰り出す姿に、観ているこちらの心も一緒に躍り出すかのよう。タップのステップとその音とが、オーケストラの演奏とときに掛け合い、ときに溶け合い、見事なアンサンブル。歌い出しても甘くロマンティックな歌声を聴かせてくれる。

撮影=花井智子

撮影=花井智子

撮影=花井智子

撮影=花井智子

はっきりとした目鼻立ちが印象的なグーチも、どこまでもエレガントながら図抜けたダンス力の持ち主で、誘惑の真似事をするシーンで披露する脚線美とコメディエンヌぶりが心に残る。まろやかな声で愛を歌い上げる様もヒロインに似つかわしい。

撮影=花井智子

撮影=花井智子

撮影=花井智子

撮影=花井智子

そして、それぞれが名ダンサーである二人が、息を合わせて踊るデュエット・ダンスが眼福の極み。名曲「Cheek To Cheek」に乗ったダンス・シークエンスは、羽根がふんだんにあしらわれたドレスを優雅にひるがえしながらステップを踏むグーチと、しなやかにしなる彼女の背中を軽々とサポートしリードするバーキット、二人の踊る姿を時を止めていつまでも観ていたい…と思うほど。初日の夜も、踊り終えた後、拍手がなかなか鳴り止まなかった。バーキットがダンサーたちを率いて踊る華やかなダンス・シーンも、“一糸乱れぬ”という表現がぴったりだ。探偵を気取って次々と変装姿で現れるホレスの従者ベイツ役のジョン・コンロイが、謹厳実直と見えて実はノリノリでふざけていたりするのかも? なおいしい役どころを飄々と演じて笑いを誘う。「Cheek To Cheek」や「Top Hat, White tie and Tails」等、名作曲家アーヴィング・バーリンが手がけた美しいナンバーに彩られた、楽しくハッピーなダンス・ミュージカル。この秋おすすめの公演だ。

撮影=花井智子

撮影=花井智子

撮影=花井智子

撮影=花井智子

[取材・文=藤本真由(舞台評論家)]
[撮影=花井智子]

公演情報
ミュージカル「TOP HAT」<来日公演>​

■東京公演:9/30(水)〜10/12(月・祝) 東急シアターオーブ
■大阪公演:10/16(金)〜10/25(日) 梅田芸術劇場
■問合せ:梅田芸術劇場0570-077-039(東京) 06-6377-3800(大阪)
■公式サイト:http://www.umegei.com/tophat_musical

シェア / 保存先を選択