[韓国MUSICAL]『マタハリ』『モンテクリスト』…EMK 2016年ラインナップを発表

韓国で大劇場ライセンスミュージカルを多数ヒットさせてきたEMKミュージカルカンパニー(以下、EMK)が、2016年度の上演ラインナップを発表した。

2016年の幕開けはミュージカル『レベッカ』の再演(1月6日~3月6日 芸術の殿堂オペラ劇場)からスタートする。2013年の韓国初演当時、原作者のミヒャエル・クンツェ&シルベスター・リーバイに「韓国版の舞台が世界最高だ」と言わしめた本作は、平均シェア90%を記録した、韓国で最も成功したサスペンスミュージカルとして指折られている。大富豪マキシム・ド・ウインターに見初められ、後妻となったヒロイン“私”のシンデレラストーリーと、マキシムの亡くなった妻レベッカの見えない影に苦悩する人々をスリリングに描いた緊張感溢れるストーリーと、ダンヴァ―ス夫人が歌う代表曲「レベッカ」を筆頭に、記憶に残るナンバーが多いことも観客に愛されているポイントだ。

そしてEMKが初の大型創作ミュージカルに挑む『マタ・ハリ』は3月、ブルースクエア サムソン電子ホールで開幕する。ムーラン・ルージュの踊り子だったが、その美貌に魅了された要人たちを利用し、歴史に名を遺す女スパイとなったマタ・ハリの劇的な半生を描く本作。制作費250億ウォン、作曲フランク・ワイルドホーン&作詞ジャック・マーフィーコンビなどブロードウェイのトップクリエイターの起用、主演にはトップ女優オク・ジュヒョンの主演確定、とすべてが破格の規模だ。これまでのライセンスミュージカル制作のノウハウを生かし、世界進出を視野に入れて入念な準備を経てお披露目されることだろう。

6月には『モーツァルト!』が世宗文化会館大劇場で4回目の再演を迎える。何といっても注目は、演出に日本版『モーツァルト!』を常に成功に導いてきた小池修一郎が初めて韓国ミュージカルの演出を引き受けたことだろう。小池は2002年の日本初演から演出と訳詞を手掛け、モーツァルトの天才的才能と内面の葛藤を浮かび上がらせて原作者に絶賛されたという。「モーツァルトとアマデの感情の変化を繊細で深く表現して観客に、十分に共感してもらえる『モーツァルト!』目指す」と抱負を語っているだけに、小池マジックで韓国版『モーツァルト!』が新たなフェーズに突入することを期待したい。

11月には、『モンテクリスト』が3年ぶりに忠武アートホール大劇場に帰ってくる。アレクサンドル・デュマの小説『巌窟王(モンテ・クリスト伯)』を原作にした本作は、2009年スイスでプレミア上演され、翌年、世界で2番目の公演地となったのが韓国だった。濡れ衣を着せられて10数年もの間投獄され、恋人も奪われた主人公エドモン・ダンテスが、脱獄後、モンテ・クリスト伯爵と名を変え、自分を陥れた者たちに次々と復讐を遂行していく勧善懲悪ストーリーが痛快。フランク・ワイルドホーン作曲のキャッチーなナンバーもあいまって、ミュージカルの醍醐味をたっぷりと味わえる作品となっている。初演から平均客席占有率90%を誇った作品だけに、2016年版も大きな注目を集めるに違いない。

そして、2015年序盤に最高の集客率を誇った『ファントム』が11月、ブルースクエア サムソン電子ホールでアンコール公演を行う。ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」を原作に、アンドリュー・ロイド・ウェバー版『オペラ座の怪人』とはまた違った展開で今春のチケット販売数1位を記録した作品だ。ファントムの幼年期にもフォーカスを当てたストーリー、キャストには声楽家やバレエダンサーなども起用した、本格派のクラシカルな舞台が観客を魅了していた。閉幕後も再演の問い合わせが絶えなかったというだけに、年末の興行シーズンをけん引する作品となるのは間違いない。
2016年も究極のラインナップをひっさげて興行神話を独走するEMK作品に期待したい。

 
韓劇.com
シェア / 保存先を選択