少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク◆セブン』ナレーションに神谷浩史

ニュース
舞台
2018.1.2
神谷浩史

神谷浩史


2018年1月にサンシャイン劇場(東京)とサンケイホールブリーゼ(大阪)、岡崎市民会館 あおいホール(愛知)で上演される舞台「少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク◆セブン』」のナレーションを神谷浩史が務める。

『ワンピース』『夏目友人帳』『進撃の巨人』などに出演する人気実力派声優の神谷浩史は、劇団少年社中の主宰で脚本・演出もつとめる毛利亘宏がメインライターを務めるテレビ朝日系にて現在放送中の『宇宙戦隊キュウレンジャー』において、キュウレンジャーの一人にしてキュウレンジャーの司令官でもある「ショウ・ロンポー/リュウコマンダー」の声を演じている。今回、少年社中×東映舞台プロジェクトとしておくる本作、約一年間、『宇宙戦隊キュウレンジャー』という番組を通じて培ってきた関係性から、毛利亘宏が熱望し、その熱意に神谷浩史が応える形で実現した。

今回のオファーにあたり、毛利は「自分が大事にしている劇団、その20周年を記念する第一弾作品としておくる本作は、これまで怖くて怖くて手を出してこなかった悪人を描くことに挑戦しています。そんな自分にとっては挑戦作といえる本作の導入部分、冒頭のナレーションにどうしてももう一つ、“熱”が欲しかった。圧倒的な熱量の持つ作品になりそうな中で、キュウレンジャーでいっしょに戦っている戦友の一人である神谷さんにその“熱”を足してもらいたいと願い、今回、オファーさせてもらいました。神谷さんのナレーションではじまる本作は、冒頭、オープニングから飛ばしております。本作で登場する22人の悪人たちの力強いスタートを生んでくれました。期待してください」とコメント。

なお、同公演では各会場の限定された公演で、スペシャルカーテンコールショーが実施される。終演後、「ピカレスク◆セブン」に登場する極悪人たちが舞台上、所狭しと躍動。さらに、本作ナレーションを担当する神谷浩史によるこの企画だけの特別なナレーションも聴くことができる。

スペシャルカーテンコールショー実施公演(計8ステージ)は次のとおり。

【東京会場】
1/9(火)15時開演
1/10(水)15時開演
1/10(水)19時開演
1/11(木)19時開演
1/12(金)15時開演
1/12(金) 19時開演

【大阪会場】
1/20(土)17時開演

【愛知会場】
1/27(土)11時30分開演

 
公演情報
少年社中20周年記念第一弾
少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク◆セブン』


【東京公演】
2018年1月6日(土)~1月15日(月) サンシャイン劇場

【大阪公演】
2018年1月20日(土)・21日(日) サンケイホールブリーゼ

【愛知公演】
2018年1月27日(土) 岡崎市民会館 あおいホール

■脚色・演出:毛利亘宏
■出演:
井俣太良、大竹えり、岩田有民、堀池直毅、加藤良子、廿浦裕介
長谷川太郎、杉山未央、山川ありそ、内山智絵、竹内尚文、川本裕之
鈴木勝吾、宮崎秋人 / 椎名鯛造 、佃井皆美、相馬圭祐、丸山敦史
唐橋充、松本寛也、細貝圭 / 大高洋夫

■チケット料金: <全席指定>前売・当日:7,800円(税込)
※岡崎会場のみ S席 7,800円(税込) A席 6,800円(税込)
※未就学児入場不可
■公演公式HP: http://www.shachu.com/p7/

シェア / 保存先を選択