まもなく終了!圧巻のスター・ウォーズ“田んぼアート”

ニュース
2015.10.5


広大な田んぼに描かれた巨大アートはインパクト抜群!色の異なる7色の稲を、絵の具代わりにして描く“田んぼアート”は、青森県田舎館村が発祥の地。自然が育てるアートであり、その緻密さと芸術性の高さから、海外メディアからも注目度が高まっている。まさしく日本ならではのスポットといえるだろう。

毎年違うテーマで描かれる“田んぼアート”。2015年のテーマは「風と共に去りぬ」と「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。とりわけ注目は、第2田んぼアートの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」だ。

12月18日(金)に「スター・ウォーズ」新3部作の第1作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開される。それを記念して「スター・ウォーズ」を生んだ映画製作会社・ルーカスフィルム監修の下、「田舎館村 田んぼアートプロジェクト」として、人気キャラクターたちが田んぼのキャンバスに登場!

「スター・ウォーズ」のロゴに、脇を固めるのはシリーズおなじみのキャラクターR2-D2とC-3PO。それらに加え、最新作から登場する最新球型ドロイド・BB-8もお目見え。第2田んぼアートは、道の駅いなかだて・弥生の里展望所(有料)から見学できる。

6月上旬に田植えされ、10月4日(日)には、稲刈り体験ツアーが開催。季節ごとに違った表情を見せる“田んぼアート”は、10月12日(祝)まで楽しめる。残された期間はわずかだが、新作公開日の12月18日(金)を前に、一度見に行くことをおすすめする。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択