シアタークリエ10周年記念公演『TENTH』ついに3週目!『RENT』『ZANNA』・・・第2部ガラコンサートゲネプロレポート

レポート
舞台
2018.1.24
『TENTH』ガラコンサート

『TENTH』ガラコンサート


2018年の始まりと共に開幕した日比谷シアタークリエ開場10周年の記念公演『TENTH(テンス)』。シアタークリエで日本初演されてきたオフ・ブロードウェイ発のミュージカルの中から『ネクスト・トゥ・ノーマル』『ニュー・ブレイン』『この森で、天使はバスを降りた』の3作を1幕に凝縮し、第1部として週替わりで3作上演するほか、これまでシアタークリエに登場した俳優たちが集うガラコンサート形式の第2部を行ってきた。

1月24日(水)から1月31日(水)まで行われる第3週目のガラコンサートには、日本版『RENT』のキャストなどが多数集結。本記事では、事前に行われた第2部ゲネプロの模様をレポートする。

(歌唱楽曲に触れていますので、ネタバレを気にされる方はご注意ください)

まずステージに姿を現したのは、村井良大、ユナク、光永泰一朗平間壮一ソニン宮本美季田中ロウマ上木彩矢Spiの9名。日本の“レントヘッド”(『RENT』の熱狂的ファン)なら、すぐにピンとくる顔ぶれだろう。2008年版から2017年版までに出演したメンバーが一同に会しまず歌い上げたのは、もちろん『RENT』より「Seasons of love」。歌い継がれる名曲に、シアタークリエの歴史と共に歩んできた方々には、懐かしい光景が脳裏に浮かぶのではないだろうか。

歌い終わると、2015年版・2017年版でマーク役を務めた村井良大をはじめ、各キャストが出演した年と共に挨拶が行われた。2010年版ではミミ役、2012年版・2015年版ではモーリーン役と同じ作品で2役を演じているソニンは「やることが多いの(笑)」と少々混乱気味。今回のガラコンサートでは、ミミ役とモーリーン役どちらもやる予定があるという(ゲネプロではミミ役としての登場)。また、村井と田中は初対面とのことで、本番では出演時期の被っていないキャスト同士の貴重なトークが聞けそうだ。

ここからは、登場人物ごとの歌唱部分を抜粋し、ロジャー役(2015年版・2017年版)のユナクによる「One Song Glory」、エンジェル役(2015年・2017年)の平間による「Today 4 U」と、次々と人気ナンバーが披露される。

ミミのソロ曲「Out Tonight」ではソニンが、歌声と共にセクシーで熱いパフォーマンスを見せる。実際に公演の中で見せてくれた「Out Tonight」よりも、迫力も艶も増した歌声は、ここ数年のソニン自身の変化や実りの多さを感じさせた。

さらに、記憶に新しい2017年版のエンジェル&コリンズ、平間と光永による「I’ll Cover You」、2015年版・2017年版のジョアンヌ&モーリーン、宮本と上木による「Take Me Or Leave Me」、2015年版・2017年版のマーク&ロジャー、村井とユナクによる「 What You Own」とデュエットソングが続く。全員で「noday but today」の歌詞で有名な「フィナーレ・B」を歌い上げ、ゲネプロにも関わらず大盛り上がりを見せた。

『RENT』メンバーに拍手を送りながら、代わって登場したのは、渡部豪太高垣彩陽東山光明岡田亮輔。そして、田中、上木、Spiはこちらにも参加。彼らは2013年に上演された『ZANNA ザナ ~a musical fairy tale~』のメンバーだ。『ZANNA』は、男性同士、女性同士の恋愛が普通で、異性との恋愛が少数派という世界を描いた一風変わったラブ・コメディ。作品紹介や思い出を語りつつ、キャストたちは久しぶりの再会を喜んだ。

楽曲についても、場面や関係性を説明しつつ、「君にわかる?」「いつか来るかもしれない日」をしっとりと歌い上げられた。この2曲はバラードナンバーだったが、本来の『ZANNA』は、ラブコメなので、ハッピー感に満ちた明るい楽曲が多く登場する。高垣は、それを『TENTH』1週目に登場していた新納慎也の言葉を借りながら「この『TENTH』はいろんな作品をダイジェストでお届けしていますが、その作品の2%!ぐらいしか伝わらないので、シアタークリエさんのここから先の10年のどこかで、ぜひ再演を!」と熱望していた。

『ZANNA』チームとしての最後の曲は、作品のオープニングナンバーである「Extra Love」を、『TENTH』スペシャルバージョンで大合唱。愛したい人を愛せる世界にしよう!という、大きな愛がほとばしるパフォーマンスを披露。この先また、この『ZANNA』が上演されることを、切に願う。

ゲネプロの最後を飾ったのは、全員で歌うジョナサン・ラーソン作曲の「Love Heals」。『RENT』と『ZANNA』という、愛の自由を描いた2作で構成されたこの回を締めくくるにふさわしいフィナーレとなった。

なお、3週目には『RENT』『ZANNA』キャストの登場回のほか、1月30日(火)、31日(水)には井上芳雄、坂本真綾、昆夏美、白羽ゆり、高橋愛が登場する(この2日間については、第2部、第1部の順番で上演)。すべての公演回ごとに、異なるナンバーがセレクトされるため、どのナンバーを誰が歌うのか、観劇される方は当日をお楽しみに。

どの公演も、上演当時を知る人には懐かしく、初めて観る方には新鮮に映る。出会いの積み重ねで紡がれる歴史。この場所に、これからの10年、20年という時間の中で、演劇への“愛”が降り積もっていく様を感じながら、シアタークリエという劇場空間にワクワクしながら劇場に通いたい。

取材・文・撮影=折原怜

公演情報
シアタークリエ10周年記念コンサート『TENTH』
 
■日程:2018年1月4日(木)~1月31日(水)
■会場:シアタークリエ
■総合演出:小林 香
■公式サイト:http://www.tohostage.com/tenth/
 
<第1部>
2018年1月4日~1月11日『ネクスト・トゥ・ノーマル』
■演出:上田一豪
■出演:
安蘭けい
海宝直人
岡田浩暉
村川絵梨
村井良大
新納慎也
 
2018年1月14日~1月21日『ニュー・ブレイン』
■演出:上島雪夫
■出演:
石丸幹二
マルシア
畠中 洋
樹里咲穂
初風 諄
赤坂泰彦
本間ひとし
伊礼彼方
中村百花
五大輝一
 
2018年1月24日~1月31日『この森で、天使はバスを降りた』
■演出:小林 香
■出演:
坂本真綾
剣 幸
土居裕子
坂元健児
Spi
田中利花
平方元基
 
<第2部>
10周年記念ガラコンサート
各日のキャストは公式HPを参照のこと:http://www.tohostage.com/tenth/castsche3.pdf
当日キャンセル席の抽選販売については公式HP参照:http://www.tohostage.com/tenth/toujitsu.html

シェア / 保存先を選択