『第二回 日本舞踊 未来座 =裁SAI=「カルメン2018」』より、松本幸四郎、中村橋之助のコメント動画が公開! 日本舞踊 未来座を発足した経緯などを語る

ニュース
舞台
2018.5.10

2018年6月22日(金)~24日(日)に国立劇場小劇場にて、『第二回 日本舞踊 未来座 =裁SAI=「カルメン2018」』が上演される。本公演に出演する中村橋之助と日本舞踊協会の理事を務め、未来座を発足したメンバーのひとりである松本幸四郎のコメント動画が日本舞踊協会Youtubeチャンネルにて公開された。

【松本幸四郎&中村橋之助インタビュー】日本舞踊 未来座 =裁=「カルメン2018」PV

日本舞踊 未来座=裁=「カルメン2018」松本幸四郎&中村橋之助よりメッセージ!

松本幸四郎は、今年の『カルメン2018』には出演していないが、昨年の『第一回 日本舞踊 未来座 「賽-SAI-」』では『水ものがたり』に出演し、『擽-くすぐり-』では演出・出演を務めている。本コメント動画では、二人の日本舞踊 未来座を発足する経緯や、本作にかける意気込み等を語っている。

SAIとはSuccession And Innovation。 すなわち継承と革新。日本舞踊の伝統をつなぎながら、“いま”こそ輝き、そして“未来”へと光を放つ公演でありたい、そんな願いがこめられている。本公演の題材は、世界的オペラ「カルメン」。第2回のSAIが象徴するワードは“裁”。様々な運命に裁かれながら生きる女と男を描く。
「カルメン」を題材に日本舞踊作品を上演するのは、1987年に上演した第四回創作舞踊劇場公演「カルメン」、2003年に上演した第20回創作舞踊劇場公演「薔沙薇の女 カルメン2003」に続き、三度目となる。前回「薔沙薇の女 カルメン2003」の振付を担当した花柳輔太朗が、今回は演出を務め、再びファムファタルの妖艶な世界にいざなっていく。

出演には、ソル組に市川ぼたん、四代目中村橋之助らといった未来を担う若手陣、ルナ組に水木佑歌、花柳寿楽といった実力派とダブルキャストで演じる。中村橋之助は、創作舞踊公演に出演するのは今回が初となる。新たな「カルメン」の世界に期待が高まる。

公演情報

『第二回 日本舞踊 未来座 =裁SAI=「カルメン2018」』
 
日程:6月22日(金)~24日(日)  ※開場は開演の30分前
会場:国立劇場 小劇場(東京都千代田区隼町4-1) TEL 03-3265-7411

出演:
ソル組:市川ぼたん、中村橋之助 他
ルナ組:水木佑歌、花柳寿楽 他
 
スタッフ:スーパーバイザー/花柳壽應
演出/花柳輔太朗
振付/猿若清三郎、花柳輔瑞佳 振付助手/西川大樹
衣裳デザイン/岸井克己
照明デザイン/品治尚貴
音響デザイン/市来邦比古
ヘアメイク/國武剛
舞台監督/川上大二郎 舞台監督助手/酒井聡澄、
制作/吾妻徳穂、中村梅彌、花柳輔太朗、松本幸四郎
吾妻寛穂、中村梅、藤間藤椛、若菜孝史、吾妻寛彌(補)
 
チケット料金:全席指定:¥8,000
お問い合わせ:
電話:03-3533-6455(平日10:00~17:00)メールアドレス:info@nihonbuyou.or.jp
公式HP:http://nihonbuyou.or.jp/

Twitter:https://twitter.com/miraiza_sai
Facebook:https://www.facebook.com/nihonbuyou.miraiza.sai/
Instagram:https://www.instagram.com/nihonbuyou_miraiza_sai/
シェア / 保存先を選択