DREAMS COME TRUE、九州新幹線車内でサプライズライブ

ニュース
2015.7.8
「SPECIALドリカム新幹線」車内ライブの様子。

「SPECIALドリカム新幹線」車内ライブの様子。

DREAMS COME TRUEとJR九州のコラボレーション企画「ドリカム新幹線プロジェクト」の一環として「SPECIALドリカム新幹線」の運行がスタート。昨日7月7日の初日には100名を招待しての特別運行が行われ、この車内でドリカムのサプライズライブが実施された。

特別運行には「ドリカム新幹線プロジェクト」の「あなたのDREAMS大募集!」企画に応募した約5000名の中から選ばれたドリカムファンが参加。JR博多駅での出発セレモニーのあと、ドリカムが書き下ろしたキャンペーンソング「九州をどこまでも」をBGMに「SPECIALドリカム新幹線」が入線し、ファンを乗せてJR鹿児島中央駅に向けて出発した。

発車直後に中村正人(B)による車内アナウンスが流れ、吉田美和(Vo)と中村、バンドメンバーが座席を外して設けられたステージに登場。ライブが行われることは事前に告知されていなかったため、乗客からは驚きと喜びの声が上がった。吉田の「ようこそ、ドリカム新幹線へ! ねえ、ありえなくない? 新幹線の中だよ!?」という挨拶に続き、「うれしい!たのしい!大好き!」「サンキュ.」「何度でも」がアコースティックバージョンで披露された。

その後は熊本駅に停車して「九州をどこまでも」を披露。乗客のほか、熊本駅のホームに集まった約300人のファンとともに合唱し、「みんなのおかげで大成功!」という吉田の言葉でライブが締めくくられた。その後は中村とFM福岡のパーソナリティ・Kaedeが乗客たちへのインタビューを実施し、企画への応募のきっかけなどを尋ねた。中村は同日にリリースされたベストアルバム「DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム」について「テーマは『LOVE』『TEARS』『LIFE』。タイトルには“発表した曲はすべてあなたのものです”という気持ちを込めています」と語り、最後に「これからもがんばっていきますので、ぜひ応援よろしくお願いします!」とファンに向けて挨拶した。

吉田と中村のビジュアルがあしらわれた「SPECIALドリカム新幹線」は8月31日まで運行。また、今回の車内ライブの模様は後日九州新幹線のCMとしてオンエアされる。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択