「地球No.1パーティー野郎」スティーヴ・アオキの公演レポートが到着

SPICER+

画像を全て表示(3件)

スティーヴ・アオキが各地のフロアを熱狂させた3日間

ユーザーからの投票によってトップDJを決める「America's Best DJ 2015」で見事No.1を獲得、イギリスの人気クラブ/DJ雑誌『DJ MAG』にて全世界人気DJのTOP10にランクインするなど、絶大な支持を集める「地球No.1パーティー野郎」ことスティーヴ・アオキ。

先週新曲5曲を含む配信限定アルバム『ネオン・フューチャー・オデッセイ』をリリースしたばかりの彼がジャパン・ツアーのため来日した。

10月18日(日)はナガシマスパーランドで行われた『WIRED MUSIC FESTIVAL』のヘッドライナーとして出演し、その後自身のプレミアム・パーティー・ツアー『CAKE ME CRAZY TOUR』のため10月19日(月)に福岡MILLS、10月20日(火)には新木場スタジオコーストにて公演を敢行した。

福岡公演では世界トップ・クラスのDJが出演するということもあり、開場前から多くのファンが会場へ駆けつけ、ファンとの距離が近い密接な空間でのド派手なパフォーマンスということもあり、終始大歓声の嵐に。

特に配信限定アルバムにも初収録されすでにアンセムとなっている「ケーキ・フェイス」がかかると会場はさらにヒートアップ! 「CAKE ME」とボードを掲げたファンの顔面へ向けて大型のケーキを次々と投げ、大盛況のまま幕を閉じた。

最終日の東京公演ではセルフィーが撮影できる特設ブースが設置されたほか、通常よりも多い量のカラフルなケーキ投げが行われるなど、『CAKE ME CRAZY TOUR』の最終日に相応しい最高のプレミアム・パーティーとなった。

公演後スティーヴ・アオキは「日本のファンは僕の作品すべて一緒に歌ってくれて、一緒に楽しんでくれて、その笑顔を見る度に僕の人生は豊かになっていくんだ。国籍はアメリカだけれど、僕の血は100%日本人。日本のファンを世界で一番愛しています。あとラーメンもね!」とコメント。

大好きな日本での束の間のオフを満喫後、今週後半はシンガポールやアメリカ3都市、メキシコでの公演と怒涛のツアーを予定している。

写真=@caesarsebastian

シェア / 保存先を選択