東京芸術劇場のリーディング企画「自作自演」に穂村弘&又吉直樹が登場

芸劇公式サイトより(SPICE編集部責任による画像掲載)

芸劇公式サイトより(SPICE編集部責任による画像掲載)

東京芸術劇場が不定期で開催しているリーディング企画「自作自演」。その第13回が、12月13日(日)に開催される。

同シリーズは、2人の作家が、それぞれ自作の短編小説やエッセイ、戯曲などを読み、その後に、互いの言葉を聞いて感じたことを語り合うというもの。

これまで、劇作・演出家や作家などが登場してきたが、今回は、歌人であり、評論やエッセイの分野でも活躍する穂村弘と、芸人でありながら、小説「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹と、同劇場の『書を捨てよ町へ出よう』(藤田貴大演出)に映像出演する二人が登場する。

公演情報
芸劇+トーク 異世代リーディング「自作自演」第13回

■日時:2015年12月13日(日)18:00開演
■会場:東京芸術劇場 シアターイースト
■出演:穂村弘/又吉直樹
■一般前売:2015年11月14日(土)開始
■料金:全席指定 一般3,000円/高校生割引1,000円、25歳以下2,000円、65歳以上2,500円
■問合せ:東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)
■公式サイト:https://www.geigeki.jp/performance/theater109/​
 
演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択