『誰もいない国』をピンター研究の第一人者が解説 『NTLiveアンコール夏祭り』作品一覧公開中

ニュース
舞台
映画
2018.7.5
 https://ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/movie/0484900.html より引用

https://ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/movie/0484900.html より引用

イアン・マッケランとパトリック・スチュワートが競演したことでも話題となり、昨年、日本で劇場公開されると大きな反響を呼んだNTLive『誰もいない国』が再びスクリーンに帰ってくる。

サブテクストを重視する詩的な文体で広く知られ、明快さやリアリズムとは距離を置く作品を世に生み出してきたハロルド・ピンターの代表作ともいえる本作。その独特な作風で世界中の舞台ファンを虜にしてきたこのノーベル文学賞受賞作家について、数多くの作品を翻訳し、日本では「ピンター研究の第一人者」とも言われている喜志哲雄氏を迎えてトークショーイベントを開催することが決定した。

『誰もいない国』は、2018年11月に新国立劇場でも柄本明・石倉三郎らの出演で上演が予定されており、この舞台の翻訳も喜志哲雄氏によるもの。貴重なトーク付き上映をぜひご覧いただきたい。 

シネ・リーブル池袋 NTLiveアンコール夏祭り

■『誰もいない国』
2018年7月13日(金)〜2018年7月19日(木)

■『エンジェルス・イン・アメリカ』第一部(至福千年紀が近づく)及び第二部(ペレストロイカ)
2018年7月20日(金)〜2018年7月26日(木) 

■『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』
2018年7月27日(金)〜2018年8月2日(木) 

■『ハムレット』
2018年7月27日(金)、2018年7月28日(土) *2回限定上映

■『お気に召すまま』
2018年7月29日(日)、2018年7月30日(月) *2回限定上映

■『ヘッダ・ガーブレル』
2018年7月31日(火)*1回限定上映

■『青く深い海』
2018年8月1日(水)、2018年8月2日(木)*2回限定上映

■『スカイライト』
2018年8月3日(金)〜2018年8月9日(木)

■『夜中に犬に起こった奇妙な事件』
2018年8月3日(金)〜8月9日(木)

■『一人の男と二人の主人』
2018年8月10日(金)〜8月16日(木)

■『オーディエンス』
2018年8月17日(金)*1回限定上映

イベント情報

NTLive × 新国立劇場「誰もいない国」
〜翻訳家喜志哲雄さんトークショー<ピンターと「誰もいない国」を語る>〜
ゲストスピーカー:喜志哲雄(翻訳家・京都大学名誉教授)
 
進行:大堀久美子(編集・ライター)
日時:2018年7月14日(土)13:30〜13:50実施(トークショー終了後、14時から「誰もいない国」を上映)
場所:シネ・リーブル池袋
 
チケット購入方法:
インターネットチケット購入または劇場窓口にて該当する上映回をご購入ください。通常上映分は、上映日3日前の0時からご購入が可能です。(劇場窓口はオープン時間から購入可)
今回のトークショー付上映(7月14日)のお座席は劇場オンラインチケット:7月10日(火)19時〜(先行販売)
劇場窓口:7月11日(水)オープン時間〜(通常販売)とさせていただきます。
下記、シネ・リーブル池袋公式サイト内 上映スケジュールよりお座席をご購入ください https://ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/
※満席になり次第、販売終了とさせていただきます。

鑑賞料金:一般3000円、学生2500円(学生証の提示が必要になります)
(通常のNTLive鑑賞料金と同額です。トークショーについて観覧料金は発生いたしません。「誰もいない国」をご覧になった方がそのままお楽しみいただけます。)

公演情報

新国立劇場「誰もいない国」

作:ハロルド・ピンター
翻訳:喜志哲雄
演出:寺十 吾
出演:柄本 明 石倉三郎 有薗芳記 平埜生成

公演日程:2018年11月8日(木)〜25日(日)
会場:新国立劇場 小劇場
料金:A席6,480円 B席3,240円 (税込)
前売開始:2018年9月9日(日)新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999

新国立劇場演劇HP:http://www.nntt.jac.go.jp/play/
シェア / 保存先を選択