【動画あり】NAOTOとDEPAPEPEが野外共演「どんな天気でも盛り上がれる」~『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』<What’s “スタクラフェス”?>

動画
インタビュー
クラシック
2018.8.10
NAOTO、DEPAPEPE(徳岡慶也、三浦拓也)  (撮影:敷地沙織)

NAOTO、DEPAPEPE(徳岡慶也、三浦拓也)  (撮影:敷地沙織)

画像を全て表示(7件)

 

<What's “スタクラ フェス”?> Artist Close-Up NAOTO/DEPAPEPE


2018年9月23日(日・祝)秋分の日、『イープラス Presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』(略称 “スタクラフェス” )が、横浜赤レンガ倉庫の特設会場にて開催される。会場には3つの野外ステージ「HARBOR STAGE」「GRASS STAGE」「Sunday Brunch Classic Stage(無料鑑賞ステージ)」が設けられ、気鋭の演奏家たちにより、クラシックのよく知られた名曲からオペラ、ミュージカルの名曲、さらにはアニメの音楽まで、多種多様なプログラムが朝から晩まで繰り広げられる。クラシックといっても決して堅苦しいものにはせず、屋外で潮風を感じながら、食べたり飲んだり、時には寝そべりながら、多様な音楽を気軽に楽しめる趣向という。また児童の入場もOKだ。

この新しいタイプの、野外クラシック音楽フェスにおいて「ブランチ on クラシック」(GRASS stage 13:30-14:00)に出演する、ヴァイオリニストのNAOTOと、アコースティックギターDUOのDEPAPEPE(徳岡慶也、三浦拓也)に、このほど話を聞くことができた。

NAOTOは、ジャンルレスで華麗なパフォーマンスで人気を博し、ドラマ「のだめカンタービレ」で注目を集めたことも。最新作はNHK「スタジオパークからこんにちは」テーマ曲を含む「Gift」。独特の感性と切れ味鋭い超絶技術、ハイノートの美しさが名だたるアーティスト達にも愛され、多数の共演を重ねてきた。一方のDEPAPEPEは、徳岡慶也と三浦拓也によるアコースティックインストギターデュオ。アコギ2本による唄うようなメロディーで、心象風景や喜怒哀楽といった感情、四季折々の情緒を表現し、国境や世代を超えて幅広い支持を得ている。今回のNAOTOとDEPAPEPEのジョイント・ライブ「ブランチ on クラシック」では、心地よいストリングスのハーモニーでクラシックカバーやオリジナル曲が演奏される。

NAOTO、DEPAPEPE(徳岡慶也、三浦拓也)

NAOTO、DEPAPEPE(徳岡慶也、三浦拓也)

ーースタクラフェスの話を最初に聞いた時、どう思いましたか。

NAOTO クラシックのフェスというのは、色々あると思うのですが、野外というのはなかなかないので、いいなと思いました。僕もDEPAPEPEさんもそうですけれど、普段クラシックをやっているわけではないので、「出てもいいのかなー?」というのが正直なところでした。でも、誘っていただけて、ありがたく思いました。

DEPAPEPE三浦(以下、DEP三浦) クラシックのフェスティバルに呼ばれるっていうのは、すごく嬉しい反面、プレッシャーもあったので、自分たちをそこでどう見せられるのかというのは、僕たちにとってもチャレンジだなと思っています。

ただ、今回のコンサートはクラシックといっても、野外でくつろぎながら楽しもうというのが趣旨だと聞きました。自分たちが音楽を奏でる時も常にそういうスタンスでありたいと思っているので、趣旨に合っているように思えます。クラシック音楽のファンの方が多いとは思いますが、そこに自分たちの音楽がどう適合していくのか楽しみですね。

DEPAPEPE徳岡(以下、DEP徳岡) 僕らDEPAPEPE自体はクラシックの道を通ってきたわけではないので、不安なところはもちろんあります。でも、NAOTOさんと一緒に出られると聞き、それやったら大丈夫やなと思いました(笑)。

ーー野外演奏の魅力や醍醐味はどういった点でしょうか。

NAOTO 気象状況に左右される面も多いかなと思いますが、屋内だと「暑いー」とか「寒い―」ですとかはないのでいいのですけれど、それには変えられない良さが、野外にはあると思うんですよね。だから、ものすごく盛り上がれる。一番憶えているのは、僕が弾いている時だけ鳥が宙を旋回したんですよ。それを見た時、鳥も聴いてるんだなと思って。それを見つけられるのも野外ならではだし、それをMCで喋って、みんなで鳥と空を見たりできるっていうのも、すごく得難い体験ができたと思います。

NAOTO

NAOTO

ーーお天気さえよければ……。

DEP徳岡 いえ、雨なら雨で、楽しみ方は沢山あるんですよ。

DEP三浦 経験上、雨の中の野外での演奏も沢山あって、雨除けはもちろん必要かもしれませんが、雨のシチュエーションで聴くのもまた、おつなものです。そういうことって普段なかなか体験できないので、それも含めて野外ステージで楽しんでいただければと思います。僕らも、そういうことを楽しみながら演奏しています。

NAOTO 実際、雨は雨で、お客さん盛り上がるんですよ。こちらも、この状況でなんとか音楽を盛り上げようって張り切るし。雨降ってなんぼですよ(笑)。

DEP三浦 今回、もし盛り上がったら、クラシックなのに、ロックフェスみたいになるかもしれないですよね。

NAOTO あと、豪華客船のスケジュールを見て、それらが港に入って来てるかな?と確認しておくのも、楽しめる要素になりますね。

DEP徳岡 そうですね、景色も楽しめるのが、野外フェスの醍醐味です。ぼくらもNAOTOさんも、歌のないポップスというのをずっとやってきました。クラシックも歌のない音楽なので、周りの景色が曲に色付けしてくれる。それも野外の良さかなと思います。僕らもやっていて楽しいですよね。

DEPAPEPE・徳岡慶也

DEPAPEPE・徳岡慶也

ーー演奏内容について、現時点で可能な範囲内で教えていただけますか?

NAOTO 有名なクラッシックの曲はパワーがあるので、最初に配置します。曲の名前は皆さん知らないかもしれませんが、聴きやすくアレンジをしていますし、より、ポップ感溢れるものにしてあるので、とても盛り上がると思います。

―バッハの曲もあるとお聞きしましたが、しっとりとした感じになっている?

NAOTO 全然しっとりしていないです(笑)。ジャズファンクな感じになっています。でも、僕があの世に行ったときに、バッハさんに「俺の曲をこんなにしやがって」と説教されるんではないかと、ちょっと心配しています。だって、バッハって、めっちゃめちゃ真面目だったんですよ。もう「先生!」っていう感じで。ベートーヴェンなら「グッジョブ!」と言ってくれるかもしれないけれど、バッハ先生には怒られるかも(笑)。

DEP徳岡 でもバッハさんは、散々説教をした後、最後に「でも、嫌いじゃないけどな」とか言いそう(笑)。

NAOTO そういう意味でも、クラシックに詳しくない方が聴いても大丈夫です。まず、間違いなく言えるのは、今回のラインナップを見ていても、他の方たちはクラシックをやるんですよ、僕らだけクラシックをやらない。もちろんクラッシックの曲をやるんですけれど、大きなジャンルで考えると、僕らはポップスだから。

今までのフェスだと、僕はヴァイオリンなので何か癒しの方向を求められるんですよ。そのパターンで呼ばれることが多いんです。でも今回は、僕らが一番ロックな方向を求められてるんです。だからそれは、ご希望に添いましょう!という気になるし、やり甲斐がありますね。

DEP三浦 はち切れんばかりの何かで行こうと思います(笑)。選んだ曲の内の2曲は、クラシックを再現するのではなく、そのフレーズを入れて自分達なりにアレンジしています。僕らも、クラシック・ファンの人達にも楽しんでもらえるように演奏しようと思いますし、同時に僕らなりの曲も聴いていただきたいんです。「こういう曲もあるんだな」って、僕らのことを好きになっていただけると嬉しいですね。そして、ライブらしく、お客さんとコミュニケーションを取れたらいいなと思います。

DEPAPEPE・三浦拓也

DEPAPEPE・三浦拓也

DEP徳岡 同じ思いでおります(笑)。

ーーNAOTOさんから見たDEPAPEPEの印象、DEPAPEPEから見たNAOTOさんの印象をそれぞれお聞かせください。

DEP徳岡 語り尽くせないですね。NAOTOさんとは、もうお付き合いして結構経ちますが、NAOTOさんは、ヴァイオリンの技術などクラシックの才能を圧倒的に持ちながら、ポップスのフィールドでジャズ的な要素を展開して、トップクラスの「ヴァイオリン、NAOTO」っていう像があります。それなのに僕たちの音楽にも、現場で合わせてくれたり、普段も一緒に遊んでくれる。人柄的にも音楽的にも尊敬する人です。NAOTOさんとだったらこのフェスに出演するのが安心だ、と冒頭でお話ししたのは、そういう部分があるからなんです。もう、お世話になりっぱなしですね、僕ら。

DEP三浦 今、徳岡さんが言ったことは大前提ですが、NAOTOさんは音で会話する自由度がすごくある方で、演奏の過程でコミュニケーションをいっぱい取ってくれるんです。実は僕ら、NAOTOさんとはたくさん共演していますが、その度、音楽的なケミストリーのようなものがいっぱい発生しているんじゃないかなと思っています。NAOTOさんから刺激を受けて、こういうのやってみたいなということが僕らすごく出てくる。今回もまた、こういう特別なステージで共演させていただくことで、また新しい何かにチャレンジできるきっかけになったらいいなと。それに、公私ともに楽しいので、お世話になっていますし、大好きです!!

NAOTO 僕からも……大好きです!!(笑) 実は、僕らデビューが同期なんですよ。プロデューサーさんが共通で、レコード会社も近所だったのに、デビュー当時はどちらも走り回っていて、あまり接する機会がありませんでした。ファンもかぶってなかったしね。

でも近年はご一緒にする機会が徐々に増えてきて。ライブを見せてもらうと、お客さんと何かを作っていくという部分が、僕より遥かに素敵に成立しているなと。三浦さんのライブパフォーマンスにも、徳岡さんの作るメロディーにもそうした感じが如実に出ている。僕自身も、わかりやすい音楽をやってきたつもりだったけれど、どこか自分が曲を提供していかなきゃという意識のほうが強かったんだなって気づかされました。だから彼らのことを素晴らしいと思いますし、尊敬しています。

最近は3人でツアーを回ったり、レコーディングもしたりとか、一緒にいることが多くなりました。僕的には、DEPAPEPEに入れてもらっている感があって。お二人は元々お二人で一つだから、お互いの役割があると思うんですけれど、そこに僕が入ることによって新たな役割を僕が担えるんじゃないかと。そこで三人が三人とも楽しさを見つけられたから、これからもずっと一緒に出来るんじゃないかと思いますね。

DEP徳岡 やっぱり大好きです!

NAOTO 僕ら付き合ってます(笑)。

ーーこの野外フェスで、演奏者/観客の立場を超えて楽しんでみたいことは?

DEP徳岡 僕は、単純にクラシックを一般人のレベルでしか知らないので、とにかく聴いてみたいというのがありますね。それで、NAOTOさんに横で解説してもらうとか(笑)。

一同 それ、めちゃくちゃ贅沢!

NAOTO 歌舞伎の解説みたいな感じで、耳元でささやく感じですかね。背後で。

DEP三浦 そのうち「ちょっと、もういいから黙って」みたいになってきたりして(笑)。 今回僕が楽しみにしているのは、もちろん食べ物とかもありますが、やはり他の出演者の演奏を聴くことですね。

DEP徳岡 え? さっき、ごはんが楽しみって、めっちゃ言うてたやん!

NAOTO あれ?(笑)

DEP三浦 いや、いや、食べ物はもちろん食べるとしてですね(笑)。聞くところによると、海外ではクラシックの野外コンサートは多いそうですが、日本だとあまり野外でクラシックは聴けないでしょう? 今回は自分もお客さんとしても楽しみたいなと思うので、なるべく他の出演者の方のステージを見たいなと思っています。

NAOTO あ、ボタン外れてる。

(三浦のシャツのボタンを優しく直してあげるNAOTO)

(三浦のシャツのボタンを優しく直してあげるNAOTO)

NAOTO 僕はクラシック育ちなので、今回のフェスには後輩たちがたくさん出演してる。だから、ざっくり言うと「みんな、頑張ってねー」という感じです(笑)。ただ、今でもクラッシックを聴きに行くことはありますけれど、クラッシックのコンサートって、聴きながらお酒飲めないんですよ。なので、グラス握りながら聴けるっていうのは素敵です。

また、「いいオーボエソロだな」と思ったら「グッ(Good)!」って言いたいけれど、それをホールでやるのもマナー違反。一楽章、二楽章、三楽章の間は拍手をしないというのも意図としてはわかるけれど、多少の違和感があります。野外だとザワザワしていているのだし、合いの手や拍手を楽しんでもいいのではないかと思います。

ーー今回のフェスで「ブランチonクラシック」以外で何か気になるプログラムはありますか

NAOTO 僕たちプログラム的に難しいと思うんですけれど、青島先生の「世界まるごとクラシック」は見たいな。

DEP三浦 クラシックに詳しくないので見たいなー。でも、自分たちの直前!

DEP徳岡 ほんとだ、だめやん。でも見たいな。

NAOTO 僕らの終わった後には、ベートーヴェンの7番がありますよ。

DEP徳岡 あぁ! あの「のだめ」で演奏してた。

NAOTO 上野耕平さんのサックス。これも聴きたいな。考えてみると、この演奏会って、すごくお得ですよね、こんなに沢山のクラシックを聴いたら、普通こんな値段では聴けないですよね。美味しいホテルのビュッフェみたいだ。いいとこどりという。素晴らしいな。

ーー会場となる赤レンガ倉庫や横浜界隈で行ってみたいスポットやお店などはありますか

DEP徳岡 この前、NAOTOさんに教えてもらった中華街の聘珍樓。 

NAOTO あと、重慶飯店ね。 

DEP徳岡 買って帰ったお茶まで美味しかった。

DEP三浦 素敵な海を見るのも良いですよね。

NAOTO 海の見える温泉「横浜みなとみらい万葉倶楽部」とかいいよ。 

ちなみに、僕、横浜で一番好きなのは、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルが好きなんですよ。ヨットの形の。まあ、これはあんまり関係ないですけれど、僕はいつも、餃子と呼んでいます。 

DEP三浦 そのまんまですね(笑)。

NAOTO 近くにアメリカンバーもある。朝5時までやってます。

DEP徳岡 一日遊べますね。

NAOTO みなとみらい線で電車の便も良くなったから、帰るのも楽です。

【動画】NAOTOさん・DEAPEPEさんよりメッセージ


取材・文=清川永里子  撮影=敷地沙織

公演情報

『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』
 
■公演日時:2018年9月23日(日・祝日)開場9:30/開演10:30/終演20:30 ※予定
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場 (神奈川県)
 
■出演者(50音順):
【ソリスト】
伊藤悠貴(Vc)、伊礼彼方(Vo)、上野耕平(Sax)、大山桃暖(Pf)
金子三勇士(Pf)、北川辰彦(Bar)、小林沙羅(Sop)、小林美樹(Vn)、サラ・オレイン(Vo,Vn)、反田恭平(Pf)、髙木竜馬(Pf)、丹呉由利子(Mez)、DEPAPEPE、NAOTO(Vn)、中井亮一(Ten)、牛牛/ニュウニュウ(Pf)、藤田真央(Pf)、麻衣(Vo)、松下奈緒(Pf)、松田理奈(Vn)、三浦一馬(バンドネオン)、宮本笑里(Vn)、山本耕平(Ten)、LE VELVETS、他
【指揮】
青島広志、岩村力、横山奏
【アンサンブル】
シアター オーケストラ トーキョー、STAND UP! ORCHESTRA、ぱんだウインドオーケストラ、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、岩城直也(Pf,編曲)

【Sunday Brunch Classic Stage】※無料ステージ
1966カルテット、こぱんだドラムス、實川風(Pf)、園田涼(Pf)、新倉瞳(Vc)、藤原功次郎(Tb)、細川千尋ジャズトリオ、正戸里佳(Vn)、mille baisers、山田姉妹、米津真浩(Pf)

【総合司会】松下奈緒

■チケット料金:
1日券シーティング:13,800円
1日券スタンディング:9,800円
半日券(14時まで):5,500円
※シーティングエリア内は座席あり・自由席になります。シーティングエリアへのご入場は「1日券シーティング」「半日券(14時まで)」をご購入のお客様に限ります。
※半日券(14時まで)は夜まで楽しみたいけど、小さなお子様がいてお昼過ぎまでしかいられない方の為にご用意した枚数限定の特別なチケットです。開場から14時まで、シーティングエリア・スタンディングエリアの両方をご利用いただけます。それ以降はご退場をお願い致します。
※スタンディングエリアはすべてのお客様にご入場いただけます。
※雨天決行 ※4歳以上チケット必要(3歳以下は保護者1名につき1名のみ入場無料)
※ステージ内容は変更になる場合もございます。予めご了承ください。

■チケット:好評販売中
 
■関連サイト:
公式サイト:http://standupclassicfes.jp
e+(イープラス):http://eplus.jp/
株式会社イープラス:http://corp.eplus.jp/
Twitter:https://twitter.com/stacla_fes2018
Facebook:https://www.facebook.com/Stand-Up-Classic-Festival-2018-216194119151436/​

■主催:イープラス/朝日新聞社/BSフジ
■協賛:クレディセゾン/ファミリーマート/テラダ・ミュージック・スコア
■後援:神奈川県/横浜市文化観光局/横浜港運協会/(一社)横浜港振興協会/tvk/FMヨコハマ

■企画制作:イープラス/Zeppライブ
■制作協力:クリエイティブマンプロダクション
■協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント
■問合せ:イープラス:0570-01-2244(受付時間10時~18時・土日祝含む)
シェア / 保存先を選択