NHKによる奇妙なクラシック音楽アニメ(?)『クラシカロイド』2016年放送決定

SPICER

NHKが奇妙なクラシック音楽アニメを制作する。その名も『クラシカロイド』。2016年、Eテレで放送されることが決定した。

バトルあり、音楽あり、ドタバタあり、ほっこり人情話あり、淡いラブあり?の《ムジーク》コメディとのことだが、これだけでは何のことやら不明。NHKから発表されたあらすじによると、次のような具合だ。

「音楽で町おこしをする地方都市に住む高校生・歌苗(かなえ)と奏助(そうすけ)の前にベートーヴェンとモーツァルトがあらわれた!“クラシカロイド”を名乗る、このあやしいふたりが奏でる音楽“ムジーク”には奇妙な力が・・・。星が降ったり、巨大ロボがあらわれたりと、毎日大騒ぎ!バッハ、ショパン、シューベルトと次々あらわれるクラシカロイド。彼らの力に秘められた大いなる謎とは?クラシカロイドは人類の敵か味方かそれとも・・・?!」

大作曲家たちの登場に併せて、クラシカルの名曲がロックやテクノなどにアレンジされ、劇中ふんだんに流れるという。しかも、それを演奏するのが、日本のトップ級ミュージシャンたちらしく、クラシック音楽ファンならずとも気になるところだ。

スタッフ陣に瞠目させられる。監督が『銀魂』の藤田陽一。キャラクターデザインは『戦国BASARA』の土林誠。そして制作は『機動戦士ガンダム』のサンライズ!…そんなわけで(どんなわけで?)巨大ロボまでもが登場してしまうとか。

来年このアニメの登場により、新たなクラシック音楽ブームが巻き起これば、関連業界もまた、おおいに活気づくのではないだろうか。

シェア / 保存先を選択