BiSHアユニ・Dのバンド形態ソロプロジェクト・PEDROが田渕ひさ子を迎えた初ライブでNUMBER GIRLカバー

動画
レポート
音楽
2018.9.25
PEDRO(アユニ・D/BiSH)

PEDRO(アユニ・D/BiSH)

画像を全て表示(8件)

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHから、バンド形態のソロプロジェクト・PEDROとして完全無告知でデビュー・ミニアルバム『zoozoosea』をゲリラリリースしたアユニ・Dが、新代田FEVERにてPEDROの初ライブ『happy jam jam psycho』を開催した。

PEDRO(アユニ・D/BiSH)

PEDRO(アユニ・D/BiSH)

PEDRO(アユニ・D/BiSH)

PEDRO(アユニ・D/BiSH)

ライブは、CD購入者限定の抽選チケット購入応募ながら3000通の応募が殺到。貴重なチケットを入手できた300人のファンを前に、アユニ・D(Ba/Vo)、田渕ひさ子(Gt)、毛利匠太(Dr)のトリオ編成でライブが行なわれた。

PEDROです、宜しくお願いします」というアユニの挨拶から、アルバム同様「ゴミ屑ロンリネス」からライブがスタート。全7曲の作詞をアユニ・Dが手がけた『zoozoosea』の全収録曲のほかに、「最近、頭に焼き付いて離れない女の子がいるんですよ、私が思うに、例えばあの子が透明少女」というMCから、田渕ひさ子が所属したNUMBER GIRLの大名曲「透明少女」のカバーを披露。

PEDRO(アユニ・D/BiSH)、田渕ひさ子

PEDRO(アユニ・D/BiSH)、田渕ひさ子

PEDRO(アユニ・D/BiSH)

PEDRO(アユニ・D/BiSH)

ベースを弾きながらパンキッシュなボーカルを披露するアユニ・D、スリーピースバンドでギターを弾くのは初めてという田渕ひさ子の、時にソリッド、時に激しく、時に繊細にギターを掻き鳴らすにオーディエンスも熱狂。アンコールでは、アユニが作詞したBiSH「本当本気」のカバーを披露し、初ライブは熱狂のうちに幕を閉じた。

PEDRO(アユニ・D/BiSH)

PEDRO(アユニ・D/BiSH)

田渕ひさ子

田渕ひさ子

PEDROオフィシャルTwitterでは、「本当本気」のライブE映像に合わせ「Thank you,tonight. PEDRO Still goes on.」のメッセージが表示され、今後もPEDROの活動が続いていく事を暗示している。

田渕ひさ子、PEDRO(アユニ・D/BiSH)、毛利匠太

田渕ひさ子、PEDRO(アユニ・D/BiSH)、毛利匠太

 

セットリスト

PEDRO first live "happy jamjam psyco" 
2018.8.25 新代田FEVER

M1.  ゴミ屑ロンリネス
M2.  甘くないトーキョー
M3.  GALILEO
M4.  ハッピーに生きてくれ
M5.  MAD DANCE
M6.  透明少女
M7.  自律神経出張中
M8.  うた
<ENCORE>
M9. 本当本気

リリース情報

PEDRO [BiSH AYUNi D Solo Project]
Debut Mini Album『zoozoosea』

2018年9月19日発売
<初回生産限定盤>
CD+Blu-ray+PHOTOBOOK
AVCD-93996/B
¥5,800(tax out)
-CD-
01.ゴミ屑ロンリネス
02.GALILEO
03.自律神経出張中
04.甘くないトーキョー
05.MAD DANCE
06.ハッピーに生きてくれ
07.うた
-Blu-ray-
●自律神経出張中(Music Video)
●THE BIRTH OF PEDRO(ドキュメンタリー映像)
<通常盤>
AVCD-94077/B
¥2,000(tax out)
-CD-
01.ゴミ屑ロンリネス
02.GALILEO
03.自律神経出張中
04.甘くないトーキョー
05.MAD DANCE
06.ハッピーに生きてくれ
07.うた

ライブ情報

BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"
2018.12.22(Sat)
千葉 幕張メッセ9・10・11ホール
・チケット詳細
【スタンディング】 ¥7,000(税込) ※ブロック指定
【女性限定スタンディング】¥7,000 ※ブロック指定
【指定席】¥7,000(税込)
・チケット一般発売日/ 11月10日(土)10:00~
シェア / 保存先を選択