ハイティンク指揮 ロンドン響公演 11月1日放送

SPICER
KAJIMOTO公式サイトより

KAJIMOTO公式サイトより

Eテレ クラシック音楽館で放送決定

1904年の創設以来、ロンドン交響楽団はその卓越した演奏によって世界有数の交響楽団として広く知られている。首席指揮者のワレリー・ゲルギエフ、桂冠指揮者のアンドレ・プレヴィン、首席客演指揮者のダニエル・ハーディングやマイケル・ティルソン・トーマスなど、ロンドン交響楽団の指揮者やソリストの顔ぶれは他に類をみない。

先日の日本ツアーでは好評のうちに終了した。また、ファイナルファンタジーの音楽を演奏した「Final Symphony II 」でも大きな注目を集めた。

そのロンドン交響楽団の演奏会が、早くもEテレ クラシック音楽館で放送される。今回は10月1日にNHKホールで行われた「NHK音楽祭2015」の模様である。マレイ・ペライアをソロに迎えたベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番 などのプログラムとなっている。

今年86歳となる巨匠ベルナルト・ハイティンクとマレイ・ペライアは様々なオーケストラで共演をしてきた盟友。巨匠二人と名門オーケストラの演奏を日曜の夜にゆっくりと味わってみてはいかがだろうか。

イベント情報
クラシック音楽館
■NHK Eテレ 11月1日(日)21:00〜23:00
管弦楽:ロンドン交響楽団
ピアノマレイ・ペライア
指 揮ベルナルト・ハイティンク
■曲目:
メアリー女王のための葬送音楽(パーセル/スタッキー)
ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58(ベートーヴェン)
交響曲第1番 ハ短調 作品68(ブラームス
■公式サイト:
http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/​

 

シェア / 保存先を選択