グドモ、前身バンドfor better, for worseと“対バン” ツアーファイナル公演をレポート

インタビュー
音楽
2018.10.2
グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

画像を全て表示(13件)

the BEST HIT GMA tour 2018
2018.9.28 マイナビBLITZ赤坂 <guest> for better, for worse

グッドモーニングアメリカが、9月28日に東京・マイナビBLITZ赤坂にて『the BEST HIT GMA tour 2018』ファイナル公演を開催。対バンに彼らの前身バンドであるfor better, for worseを迎えた、一夜限りの復活ライブの模様をレポートする。

for better, for worse  撮影=watanabe'kool'syo

for better, for worse  撮影=watanabe'kool'syo

2018年、現メンバーになって10周年、そしてメジャーデビュー5周年を迎えたグッドモーニングアメリカ。結成10周年アニバーサリーとして「グッドモーニングアメリカからの10くらいの恩返し」と銘打ち、様々な企画を発表している彼らは、その四つ目として「for better, for worseベストアルバム、1夜限りの復活ライブ敢行」を宣言。7月11日に同時発売したグッドモーニングアメリカ初のベストアルバム『the BEST HIT GMA』を引っさげたリリースツアーのファイナル公演に“対バン”する形で、この日一夜限りの復活を遂げた。

for better, for worse  撮影=watanabe'kool'syo

for better, for worse  撮影=watanabe'kool'syo

for better, for worse  撮影=watanabe'kool'syo

for better, for worse  撮影=watanabe'kool'syo

バンド10周年のロゴが掲げられたステージに、渡邊幸一(Gt/Cho)、ペギ(Dr/Cho)、たなしん(Ba/Cho)、金廣真悟(Vo/Gt)がまずfor better, for worseとして登場。当時さながらの黒いジャケット姿で「A waiting room」を披露すると、渡邊は「自分自身がどういうテンションでMCをしていいかちょっとまだあまり把握できていない」と困惑したようすを見せ、黒髪に扮したたなしんも言葉少なに振る舞う。高校で結成した彼らは「まさか赤坂BLITZでフォーベターを演るなんて」と驚きと喜びをにじませると、金廣も「当時演ってたセットリストよりも長いですからね。温かく見守ってくれたら嬉しいです。」と語った。

for better, for worse  撮影=watanabe'kool'syo

for better, for worse  撮影=watanabe'kool'syo

for better, for worse  撮影=watanabe'kool'syo

for better, for worse  撮影=watanabe'kool'syo

ライブ中盤の「Unchangeable」では渡邊がボーカルをとって会場の熱視線を集め、金廣と代わる代わるマイクをとるパフォーマンスで盛り上げる。金廣に「歌詞は渡邊幸一でございます」と紹介された「Can you hear?」では、照れくさそうな渡邊を横目に、もの静かなたなしんがベースを鳴らしてリード。いつものグッドモーニングアメリカと異なるこれらの風景も、渡邊は「僕らの次の10年に向けて知ってもらいたい1ページ」だと話し、メロコアからエモへ系統していく軌跡を辿るように、最後は「Never forget your mind」で締めくくった。

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

金髪に戻ったいつものたなしんがファンの間を縫って登場しステージに上ると、満面の笑みの金廣が「グッドモーニングアメリカ、始めます。」と宣言し、ファン投票で1位になった「言葉にならない」でステージをスタート。いきなり最高潮を迎えるかのごとく転がっていくファンを前に、金廣は「BLITZ!」と叫び「ベストに入ってる曲ガンガン演ってくんで!」と惜しみなくライブアンセムを連投していく。

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

10周年ということでそれぞれ過去を振り返るメンバー。渡邊は「終わりは始まり」と未来へ繋げていく意志を見せると、前身バンドではメンバー加入していなかったペギは「さっきのバンドの記憶はほぼない」としながら「楽しくやらせてもらいました。」と笑顔を見せる。たなしんは「昨日の夜とかどうもエモくなっちゃって、病んでるツイートみたいのしちゃったんですけど…」と心境を明かすと、「今日泣きながらライブするんじゃないかと思ったら、そんな気持ち1ミリもなくて、みんなの顔見てたらめちゃめちゃハッピーになってきちゃって!」と感情を爆発させ、恒例の“ファイヤー!”で腕を突き上げた。

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

「アブラカタブラ」「イチ、ニッ、サンでジャンプ」であっという間にライブも折り返すと、金廣は「十年後、みんなはどうなっているでしょう?」と問いかけ「俺らは45歳でメロコアやれるかな?笑顔でバンドやりたいなと思っていますので、よろしくお願いします。」と「餞の詩」「未来へのスパイラル」「キャッチアンドリリース」でラストスパートへ。最後の「STAY WITH ME」ではギターを置き、マイクを握った金廣がステージを左右に歩きながら渾身のパフォーマンス。ペギの叩くビートにあわせて渡邊、たなしん、そして会場全体で飛び跳ねるライブで本編を締めくくった。

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

迎えたアンコールでは、12月22日に地元・八王子の3会場でサーキットイベント『HACHIDORI天狗祭サーキット』を開催すること、11月14日に6枚目のアルバム『!!!!YEAH!!!!』をリリースすること、そして新作を引っさげた3年ぶりのワンマンツアーを開催することを立て続けにアナウンス。そして先日MVを公開したばかりのアルバムリード曲について、金廣が「みんな、出来るよね?」と問いかけると新曲「YEAH!!!!」を披露。サビではMVさながら会場は左右に揺れるピースサインで溢れ、一体感をそのままに「拝啓、ツラツストラ」を続けて「ありがとう、また会いましょう。」とステージを後にした。

公演を終え、SEに「言葉にならない」が流れると、沸き起こった合唱がライブをまだ終わらせない。予定外のWアンコールに再々登場すると、上裸になったたなしんが「思い出を共有しよう!」と投げかけ、最後の最後に選んだのは「そして今宵は語り合おう」。メンバーそれぞれが10年間の思いをぶつける熱演でフィナーレを迎えた。


撮影=watanabe'kool'syo

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

グッドモーニングアメリカ  撮影=watanabe'kool'syo

セットリスト

グッドモーニングアメリカ「the BEST HIT GMA tour 2018」
2018.9.28 マイナビBLITZ赤坂 <guest> for better, for worse
<for better, for worse>
1. A waiting room
2. A landscape back to us
3. Angel's ladder
4. I’m sorry, thank you
5. Drop a curtain with kiss scene
6. 350 miles away
7. Unchangeable
8. In the rain
9. Can you hear?
10. Heartstrings
11. Never forget your mind

<グッドモーニングアメリカ>
1. 言葉にならない
2. コピペ
3. Darwin’s Train
4. ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
5. 心臓抉って
6. カラツ風ガ吹キツケル
7. マリオネット演者ノ詩
8. アブラカタブラ
9. イチ、ニッ、サンでジャンプ
10. あなたの傍に猛ダッシュで
11. 空ばかり見ていた
12. 餞の詩
13. 未来へのスパイラル
14. キャッチアンドリリース
15. STAY WITH ME
[ENCORE]
16.YEAH!!!!
17.拝啓、ツラツストラ
[DOUBLE ENCORE]
18.そして今宵は語り合おう

イベント情報

グッドモーニングアメリカ pre.“HACHIDORI天狗祭サーキット”
2018年12月22日(土)
・八王子RIPS
・八王子Match Vox
・八王子papaBeat
*3会場で開催
前売 ¥3,980(サン・キュー・ハチ・テン価格)
OPEN 13:00 / START14:00 / 終演予定 20:30
9/29(土)10:00~ e+にてチケット一般発売開始!

リリース情報

6thオリジナルアルバム『!!!!YEAH!!!!』
2018年11月14日(水)発売
初回限定盤(CD2枚組):COCP-40533/4 ¥3,600(税込)
通常盤:COCP-40535 ¥3,000(税込)
 
▼オリジナルアルバム(初回限定盤/通常盤共通)
1.YEAH!!!!
2.夢のマルティール
3.むすんでひらいて
4.Tonight Tonight
5.永遠に
6.ベツレヘムの星
7.悲しみ無き世界へ
8.寝ていらんないな
9.ゴールライン
10.I'm thinking of you
11.ヒカリイロトリドリ
12.明日また
13.想像の果てへ
*初回限定盤内容詳細は後日発表

ツアー情報

グッドモーニングアメリカ「みんなで!!!!YEAH!!!!ONE-MAN tour 2019」
前売 ¥3,500(D代別)
OPEN 17:30 / START 18:00
(名古屋・梅田・渋谷公演は OPEN 17:00 / START 18:00)
1/12(土)千葉・千葉LOOK
1/13(日)群馬・前橋DYVER
1/19(土)長崎・DRUM Be-7
1/20(日)福岡・DRUM SON
2/02(土)茨城・水戸LIGHT HOUSE
2/03(日)宮城・仙台enn 2nd
2/09(土)岡山・津山K2
2/10(日)兵庫・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
2/11(月祝)京都・GROWLY
2/16(土)新潟・新潟CLUB RIVERST
3/09(土)神奈川・横浜BAYSIS
4/20(土)愛知・名古屋CLUB QUATTRO
4/21(日)大阪・梅田CLUB QUATTRO
4/29(月祝)東京・渋谷CLUB QUATTRO
 
★グドモクルーチケット先行、本日より受付開始!
■受付期間:9/28(金)21:00~10/9(火)23:59
※各公演、お一人様4枚までのお申し込み
グッドモーニングアメリカオフィシャルサイト内 「グドモクルー」 会員ページからからお申し込みください。
シェア / 保存先を選択