雲海にかかる”空中回廊”!?紅葉の名所・竜神峡へ


紅葉の名所として名高い茨城県・常陸太田市の竜神峡。竜神ダムにかかる竜神大吊橋では、11月1日(日)から30日(月)まで、「竜神峡 紅葉まつり」を開催中だ。

本州で最長規模の橋である竜神大吊橋は、竜神ダムから高さ100メートル上空にかけられたもの。この“空中回廊”は、錦に染まった原生林の紅葉が見渡せる、絶景スポットだ。

「竜神峡 紅葉まつり」では、開催期間中に「紅葉まつりスタンプラリー」を実施。スタンプを集めると、抽選で常陸太田市水府地区の特産品がもらえるキャンペーンだ。また、これら特産品の物産市も開催されている。

11月14日(土)には、「そば打ち体験教室」を開催。竜神大吊橋を見上げながらそばが楽しめる名店、そばハウス龍亭(ルチン)で、打ちたての名物・常陸秋そばが食べられる。

竜神峡は紅葉もさることながら、早朝には朝焼けの雲海が広がる絶景にも出会うことができる。また、シーズン常設開催のバンジージャンプは、毎年観光客を魅了している。

他にも、茨城県北部には袋田の滝や、花貫渓谷といった紅葉の名所が並ぶ。関東屈指の紅葉&絶景スポットを訪れてみては。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択