岐阜の高鷲スキー場にウルトラマンがやってくる

ニュース
2015.11.5


中部スノーアライアンスが経営する、岐阜県郡上市のスキー場「高鷲スノーパーク」は、12月上旬から2016年4月下旬の営業予定期間、「高鷲ウルトラスノーパーク」に変身。ゲレンデ全体に隠せれたウルトラミッションを見つけ、怪獣を倒すアトラクションなどを展開する。

場内に4つのウルトラミッションが発動されるこの企画。ミッション1「ウルトラ怪獣を倒せ!」では、ゲレンデ5箇所に隠されたARマーカーポイントでウルトラ怪獣と対決する、アプリを使用したアミューズメント。倒すとフォトフレームを取得できる、家族や仲間と楽しめるゲームだ。

ミッション2「プレミアムウルトラゴンドラ」は、高鷲スノーパーク名物、全長2700mのSPゴンドラに、ウルトラマン仕様のプレミアムゴンドラが出現する。

この他にも、ウルトラマンをイメージしたメニューが、レストラン「モンテローザ」、フードショップ「カプリ」、「しちりあ」に登場する、ミッション3「ウルトラメニュー」。売店でオリジナルグッズをゲットする、ミッション4「ウルトラグッズ」と、盛りだくさんの企画内容。

スノースポーツをより楽しむためのコンテンツが満載の、「高鷲ウルトラスノーパーク」に注目だ。【東海ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択