舞台「オレアナ」公開稽古で田中哲司「(志田)未来ちゃんもミスするんだ!」と安堵⁉

SPICER
舞台「オレアナ」

舞台「オレアナ」

テーマは「セクハラ」濃密な会話劇の傑作に注目!

11月6日(金)からパルコ劇場にて舞台「オレアナ」が上演される。

本作は、大学教師のジョンと、彼をセクハラで訴える女子学生・キャロルとの物語。二人だけの研究室で、本当は何が起こったのか?「被害者か…。加害者か…。」アメリカの脚本家デイヴィット・マメットによる二人芝居の傑作だ。約2時間の上演中、密室で繰り広げられる言葉の応酬が見どころの会話劇だ。

初日に先がけて、出演する田中哲司と志田未来がマスコミに舞台の一部を披露、その後取材に応じた。

舞台「オレアナ」

舞台「オレアナ」

これが初舞台となる志田は、これまでさまざまな映像作品で年齢にそぐわぬ優れた演技を発揮してきたが、舞台ともなると勝手が違うようで、映像作品ではめったにミスをしない志田について、田中が「(舞台の稽古では)ミスをするんです。それが嬉しかった。『未来ちゃんもミスするんだー!』って」と笑いながら語ると、その横で照れ笑いを浮かべつつ「日々勉強です。もっと自分に『オレアナ』を叩き込まなきゃと思っています」と殊勝な態度の志田。

舞台のキャリアでは大先輩の田中だが、志田に何か教えたことは?ときけば、「むしろ邪魔していました。『もう少しセリフを覚えるスピードを落としてくれないかなー』って(笑)」、稽古が始まる前は、志田に「セリフ、どれくらい入ってる?」とメールするなど、常に志田の才能におびえるスタンス。そんな田中に志田が「(田中は)舞台で輝く方だと思います。オーラが見える」と素直に褒めると「ありがとうございます」と困り果てる田中。何度となく笑い声が漏れ聞こえる取材となった。

舞台「オレアナ」

舞台「オレアナ」

舞台「オレアナ」

舞台「オレアナ」

舞台「オレアナ」

舞台「オレアナ」

本作の演出を務める栗山民也について話が及ぶと、田中「すごく(演技指導が)細かくて、僕らが全く思いつかないことがガンガン出てくる…演劇博物館のような人。そういう動きか!!って毎回勉強になりますね」志田は「難しい作品だったが、ひとつひとつ栗山さんが丁寧に教えてくれた」と感謝の言葉を口にした。

舞台「オレアナ」

舞台「オレアナ」

なお、舞台の見どころについて「見る方の性別、年齢などによって感じ方も違ってくると思う」そうで、セクハラの件については、田中が「僕は完全に自分(ジョン)が被害者だと思って演じています」といえば志田「私自身もキャロルは被害者だと思っています」と応酬。いろいろな人から意見を聞きたいとコメントする二人だった。

公演情報
「オレアナ」
東京公演:2015年11月6日(金)~29日(日)PARCO劇場
豊橋公演:2015年12月1、2日(火、水)穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
北九州公演:2015年12月5、6日(土、日)北九州芸術劇場・中劇場
広島公演:2015年12月8日(火)JMSアステールプラザ大ホール
大阪公演:2015年12月12、13日(土、日)森ノ宮ピロティホール

作:デイヴィッド・マメット
翻訳:小田島恒志
演出:栗山民也
出演:田中哲司、志田未来
公式サイト:http://www.parco-play.com/web/play/oleanna/

シェア / 保存先を選択