福岡の街が幻想的なイルミの光に包まれる!

画像を全て表示(2件)


■ 大丸福岡天神店

大丸福岡天神店(福岡市中央区)のエルガーラ・パサージュ広場では11月3日、イルミネーションが点灯した。福岡市内の商業施設では、最も早いイルミネーションとなった。

2015年のテーマは、「サンタフル・クリスマス『星降る夜の物語』」。約3万5000球のシャンパンゴールドのLEDライトと星のオーナメントで飾られた高さ12mのクリスマスツリーが同広場にお目見えした。

また、人気絵本作家の谷口智則さんの作品「星降る夜の物語」の世界観をウォールアートで表現。かわいらしいサンタクロースのオブジェや写真撮影スポットなどもあり、日中も楽しめる。

■ キャナルシティ博多

キャナルシティ博多(福岡市博多区)では11月7日(土)から、「キャナルみらいクリスマス2015」が開催される。同施設の中央・サンプラザステージに「クリスタルツリー2015」が登場。高さ約10m、幅7mの高さのオブジェに約6万5000個のLEDチップが配置され、スマートフォンやタブレット端末を使って、オーナメントの飾り付けが楽しめる。

さらに、施設の中央を流れる運河が色とりどりに輝き、クリスタルツリーからの光と連鎖する「ひかる運河」など未来を感じさせるイルミネーションが幻想的な空間を作り出す。


他にも、触ると光って音がなる「たっち・みー・スノーマン」や、知識の木、ガーデン樹木、トネリコの樹などがイルミネーションで装飾され、クリスマスシーズンのキャナルシティを盛り上げる。11月7日(土)19時から始まる点灯式には、イルミネーションショー使用楽曲「タイムマシーン」を歌う歌手の大塚愛が登場する。

■ イルミが街に溢れる

11月13日(金)には、JR博多駅前広場(福岡市博多区)、警固公園(福岡市中央区)でもイルミネーションの点灯式が開催され、福岡の街はキラキラ輝くクリスマス一色となる。一足お先に、幻想的な光に包まれてみよう。【福岡ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択