祇園祭とともに楽しめる、展示会『和硝子の世界』入場無料で開催

SPICER
和のあかり展

和のあかり展

画像を全て表示(4件)

 

2015年7月12日(日)から17日(金)まで、、江戸時代から現代までに伝承された着物や帯そのものをガラスに焼き上げた「きものガラスアート」を展示する『和硝子の世界』が京都にて開催される。

『和硝子の世界』

日本の伝統を伝承し、また進化させていく新しいアート『和硝子』。ニューヨークをはじめ海外でも話題を集めている『和硝子の世界』の個展が、祇園祭にあわせて京都で開催される。

 

昨年ニューヨークの日本クラブで行われた和硝子の個展は、ニューヨーク領事館からの後援を受け大盛況を収めた。
今年の個展は、9月にブルックリン、10月にチェルシー、そして11月にオースティンで開催される。そこで披露される作品をいち早く京都で見ることができる。


同期間には、千年以上の巧みの技の歴史を現代に新しく伝えていく「和の灯り」の作品を展示する『和のあかり展』も併催。いずれも入場無料となっている。

イベント情報
<会場1:嶋屋画廊>
展示期間:7月12日(日)~7月17日(金)
開場時間:11:00~18:00

<会場2:京都和硝子 祇園ギャラリー>
展示期間: 常設展示
開場時間: 10:00~18:00
シェア / 保存先を選択