目黒川にエコイルミの“冬の桜”が咲き誇る

ニュース
2015.11.8


11月20日(金)~12月25日(金)の期間、「目黒川みんなのイルミネーション2015」が五反田で開催。品川区五反田ふれあい水辺広場をはじめ、目黒川沿道など、大崎・五反田エリアがイルミネーションで華やぐ。

■ 廃食油を再利用したエコイルミ

全21万3200球のLEDが、ピンク色に光り輝く“冬の桜”として、桜の名所である目黒川沿道に咲き誇る。

イルミネーションの電力は、開催エリア周辺の家庭や飲食店から回収した使用済み廃食油。硫黄酸化物がほぼ発生せず、黒煙も軽油の半分以下の「バイオディーゼル燃料」にリサイクルしたものを用いる。地産地消を実現した、環境に優しいイルミネーションだ。

昨年度は全11か所から約2900リットルの廃食油を回収し、メイン会場である品川区五反田ふれあい水辺広場に設置された発電機でイルミネーションの全電力をまかなった。

目黒川沿いが“冬の桜”で埋め尽くされるイルミネーション、季節早取りのお花見を楽しんでみては?【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択