ツリーに願いを!東京ディズニーシー夜のXmasショー

ニュース
2015.11.11


東京ディズニーシーは11月9日から12月25日(金)まで、スペシャルイベント「クリスマス・ウィッシュ」を開催する。イベント初日にはメディア向けのプレスビューが実施され、クリスマス一色に染まるパークを記者がいち早く体験してきた。

■ エンタメ・プログラムに注目

今回、記者が注目したのが、ディズニーの仲間たちが繰り広げるエンターテイメント・プログラムだ。メディテレーニアンハーバーでは、昼と夜で趣向を変え、2種類の期間限定ショーを公演する。では、ロマンチックな雰囲気を楽しめる夜の水上ショー「カラー・オブ・クリスマス」を紹介しよう。

近年、東京ディズニーシーのクリスマスイベントでは恒例となっている「カラー・オブ・クリスマス」。ディズニーの仲間たちとゲストが願いをかけ、高さ約15mもの大きなクリスマスツリーや小さなツリーのオブジェに、飾り付けをするストーリーが展開される。

■ ミッキーのかけ声で一気に盛り上がる

ショーの冒頭では、ミッキーマウスとミニーマウス、ドナルドダック、デイジーダック、グーフィー、プルート、チップとデールが船に乗って登場。ディズニーの仲間たちがハーバーをゆっくりと周遊しながらクリスマスソングを歌い、クリスマスツリーのオブジェに光を灯していく。次に、ミッキーマウスが「ここに集まったみんなで、ツリーに願いをかけよう」と呼びかけると、レーザーや噴水、パイロ(花火)の演出と共に、大きなクリスマスツリーが点灯!

その後はディズニーの仲間たちが、思い思いの飾り付けを楽しむ。ミニーマウスとデイジーダックが、紫やピンクなどかわいらしい色合いにツリーを変えるシーンも用意されている。

■ ダッフィーやピノキオも登場

終盤に差し掛かると、ミッキーマウスが「もっと仲間を呼んでみんなで飾り付けをしよう」と提案し、ダッフィーやシェリーメイ、ピノキオたちも船に乗ってお目見え!最後はダイナミックに噴水が吹き上がり、再びレーザーやパイロが華やかにメディテレーニアンハーバーを彩り、フィナーレを迎える。

■ 期間限定の花火も感動!

また、花火(スターブライト・クリスマス)の終了後、「カラー・オブ・クリスマス―アフターグロウ」を開催。約15分間隔で、ショーに登場したクリスマスツリーとオブジェが、音楽と連動して色鮮やかに輝く。ショーの余韻に浸りながら、クリスマスの東京ディズニーシーで過ごした1日を振り返ってみてはいかが?【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択