舞台『BACKBEAT』開幕! 「このメンバーで全国ツアーに出たい!」戸塚祥太、加藤和樹、辰巳雄大らがビートルズの創成期を描く

レポート
舞台
2019.5.26
(前列左から)上口耕平、辰巳雄大、戸塚祥太、加藤和樹、JUON(後列左から)石丸さち子、夏子、尾藤イサオ、鈴木壮麻

(前列左から)上口耕平、辰巳雄大、戸塚祥太、加藤和樹、JUON(後列左から)石丸さち子、夏子、尾藤イサオ、鈴木壮麻

画像を全て表示(14件)

2019年5月25日(土)、東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて、舞台『BACKBEAT』が初日を迎えた。

本作は、1994年に公開された映画『バック・ビート』をイアン・ソフトリー監督自身が舞台化した作品。メジャーデビュー前の「ビートルズ」を描く本作では、結成時のベーシストであり、21歳で夭折したスチュアート・サトクリフが中心となる物語。今回の日本初演版では、演出を石丸さち子、音楽を森大輔が手がけ、スチュアート役を戸塚祥太(A.B.C-Z)、ジョン・レノン役を加藤和樹、ジョージ・ハリソン役は辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、ポール・マッカートニー役にJUON(FUZZY CONTROL)、ドラムスのピート・ベスト役を上口耕平が務めた。またスチュアートが恋に落ちるアストリッド役の夏子をはじめ、鈴木壮麻尾藤イサオらが物語に花を添えている。

初日公演に先がけて、マスコミ向けにフォトコール(芝居の一部披露)と囲み取材が行われ、戸塚、加藤、辰巳、JUON、上口、夏子、鈴木、尾藤と演出の石丸さち子が出席した。

囲み会見が始まる前、テレビ局各社の音声が持つマイクにわざと顔を近づけて「あーあー、チェック。ワン、ツー」と声を出す辰巳。冒頭からサービス精神たっぷりだ。

マイクチェックをする辰巳雄大(笑)

マイクチェックをする辰巳雄大(笑)

初日を目前にして舞台の仕上がり具合を聞かれた戸塚は「準備バッチリです!」とこぼれんばかりの笑みを浮かべる「僕たち、スタッフさんから“ビートルズの皆さん”と呼ばれるんです。それがすごく気分良くて!」と格好を崩す。辰巳もテンションを上げて「これが令和のビートルズです!」と口にして笑いを誘っていた。

戸塚祥太

戸塚祥太

舞台では、実際に生演奏を披露するが、初心者もいるため、初めはちょっと不安だったのでは? と質問が飛ぶと、加藤は「ちょっとどころじゃないです(笑)」戸塚も「最初は絶望から始まったくらい」、さらに加藤は「最初は学生バンドかなってくらいだった」と振り返る。

普通の舞台との違いは演者の生演奏を交えて芝居を見せる点にあると語るメンバーたち。「お客様がこれをどう見ていただけるか、が楽しみです」と戸塚が口にする。辰巳も「稽古中、みんな距離感近く楽しくワイワイやってました」と語る。JUONは「いざ一緒に音を出したら結構うまくいってね」そして上口が「初めての会話が音だったんで」と言うと「キマったな」「詩人だな」と他メンバーが茶々を入れて笑い合っていた。
加藤は「製作会見の時にも話しましたが、このメンバーでコンサートツアーをやりたいくらいです」と話すと、辰巳も「全国回りたいですね。まずはここ(東京芸術劇場)から!」と想いを高ぶらせる。

といいつつもいちばんテンションを上げている辰巳は楽器初心者。「ギターがほぼ弾けない状態から始まって。演出の石丸さんの前で初めて弾いた時『お前、マジか』と言われ、その目の奥では『本当にジョージをやれるのか』と語られ(笑)。そこから毎日8時間、練習し、ここまでたどり着けました」と苦笑い。石丸はその発言に笑いながら「バンドのグルーヴ感が出来るのが速かった。一気に成長しました。我々はお客様にビートルズの音楽との懸け橋ができていると思います」と胸を張った。とはいえ、石丸がいちばん若いジョージを演じる“初心者”辰巳に対して「演奏しながら一番ジャンプしてくれって(笑)」と無茶ぶりした、という裏話も披露されていた。ギター経験者のJUONも「ジョージと一緒で僕も1日8時間やってきて。それまでは右で弾いてきたのを(左利きのポールと同じく)左を練習して脳みそが糠みたいになった」と苦労を語った。

加藤は「毎回、ライブでトータル20曲くらい生演奏しています。生なので何が起こるか分かりません。弦が切れたりとか間違っちゃったりとかもあるかもしれませんが、そこはご愛嬌で(笑)。ライブ感はこの場所でしか味わえないことなので、そういうものも体感していただきたいですね」とアピール。
一方、上口はドラムス担当ということもあって「僕が一番後ろから見ているので前の4人のその日のテンションの差が見て分かるんです。今日の初日が今から楽しみで。普段飛ばないところで飛ぶかもしれなくて」とニヤリ。

1966年のビートルズ来日の際、前座を務めた経験を持つ尾藤は「1ヶ月半くらい前から稽古に合流しましたが、皆さんの成長がすごいので驚きました。ビートルズに負けないくらい立派!」とベタ褒め。


常に笑いが絶えないキャストたちの様子を見ながら鈴木が「稽古場でも一瞬たりともこんな感じではないことがなかったです」を笑顔を見せ、これが舞台初挑戦となる夏子も「劇場に初めて入った時、緊張よりテンションが上がりました」と語った。

最後に、初日への意気込みを聞かれた戸塚は「とにかくロックに始まり、いっときも速度を落とさずに、ロックで駆け抜けたいと思います」と力強く語った。

フォトコールでは絵を学んでいたスチュアートがジョンからバンドに誘われる場面と、その後スチュアートとアストリッドとの出会いの場面が披露された。初めて楽器を手にしたスチュアートが音を鳴らしたときの衝撃、さらに開放弦をリズムに合わせて鳴らすだけで音楽になることを知った時の喜び、そしてドラム、ギターとともに『Johnny B Good』をセッションした時の興奮が、戸塚の表情の変化とともに熱を帯びて伝わってくる。戸塚だけでなく加藤、辰巳、JUON、上口もそれぞれに心から楽しそうに歌い、演奏する姿は見ていて心地よいものだった。





取材・文・撮影=こむらさき

公演情報

『BACKBEAT(バックビート)』
 
■作:イアン・ソフトリー スティーヴン・ジェフリーズ
■翻訳・演出:石丸さち子
■音楽:森大輔
■出演:
戸塚祥太(A.B.C-Z) 加藤和樹
辰巳雄大(ふぉ~ゆ~) JUON(FUZZY CONTROL) 上口耕平
夏子
鍛治直人 田村良太 西川大貴 工藤広夢
鈴木壮麻 尾藤イサオ

■企画・製作 シーエイティプロデュース
 
【東京公演】
■日程:2019年5月25日(土)~6月9日(日)
■会場:東京芸術劇場 プレイハウス
■チケット発売:2019年3月3日(日)
■チケット料金:S席:9,800円/A席:7,000円(全席指定・税込)※未就学児入場不可。
 
【兵庫公演】
■日程:2019年6月12日(水)~6月16日(日)
■会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
■チケット発売:2019年3月16日(土)
■チケット料金:9,800円(全席指定・税込)※未就学児入場不可。
■主催:兵庫県 兵庫県立芸術文化センター
■問合せ:芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255
 
【愛知公演】
■日程:2019年6月19日(水)14:00/18:30
■会場:刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
■チケット発売:2019年3月16日(土)
■チケット料金:9,800円(全席指定・税込)※未就学児入場不可。
■主催:シーエイティプロデュース キョードー東海
■問合せ:キョードー東海 052-972-7466
 
【神奈川公演】
■日程:2019年6月22日(土)18:00、6月23日(日)12:00/16:30
■会場:やまと芸術文化ホール メインホール
■チケット発売:2019年3月3日(日)
■チケット料金:9,800円 (全席指定・税込)※未就学児のご入場はお断りいたします。
■主催:シーエイティプロデュース
■問合せ:チケットスペース 03-3234-9999
 
■公式サイト:https://www.stagegate.jp/
シェア / 保存先を選択