福原充則、映画初監督作「愛を語れば変態ですか」初日舞台あいさつ

ニュース
2015.12.4

福原充則の映画初監督作品「愛を語れば変態ですか」が、11月28日に公開。その初日舞台あいさつに、福原のほか、キャストの黒川芽以、野間口徹、今野浩喜(キングオブコメディ)、栩原楽人、川合正悟(Wエンジン・チャンカワイ)、永島敏行が登壇した。

福原は「この作品にかかわった関係者はもちろんですが、演劇やドラマの方々と良い作品をつくってこれたことで、映画を撮ることができたと思うので、 そのすべての方にお礼を言いたいです。そして、映画に興味を持つきっかけになった、ジャッキー・チェンとかブルース・リー、スティーブ・マーチンとかジョ ン・ベルーシとかそういう人たちにもお礼を言いたい」とあいさつした。

主演を務めた黒川は、本作の独特なタイトルについて「もともとは『キング・オブ・心中』というタイトルだったんですが、撮影も試写も終わった後に “ちょっとタイトル変わるかも”って言われたんです」と明かし、「『愛を〜』というタイトルは劇中のあさこのせりふ。本当に福原さんの言葉のチョイスが素 晴らしくて、こういうタイトルになりそうな名言がたくさん出てくるんです。そういったせりふの面白さに注目してもらえたら。福原さんは、天才だと思ってま す」と絶賛した。福原は、この黒川の言葉に小さな声で「ありがとうございます」と、恐縮していた。

本作は、おとなしい平凡な主婦と思いきや、その裏で“愛の救世主”として、次々と男たちを惑わす女性・あさこを中心に繰り広げられる、ありそうでありえない爆走恋愛コメディー。

どんな男の愛も拒まずに受け入れる、あさこのような女性をどう思う? という話題になると、「嫌いです」キッパリと一言で言い切った野間口をはじ め、男性陣は「理解できないですよね。興味は持ちますけど客観的には見てみたい」(今野)、「自分が寂しい時なら……」(栩原)と、距離をおいた冷静なコ メントだったが、川合は「僕は、役とはいえ寂しかったですよ! 現場でも嫉妬してました」と複雑な心境を吐露。永島は「女の人はきっと魔物だよね。誘蛾灯 のようなフェロモンに、男たちが集まって殺される(笑)。男は馬鹿だから“俺だけを見てくれている”と思ちゃう」と大人の視点で語った。

ここで、福原が「あさこには実在するモデルがいるので、僕個人の体験としてはリアリティーがあるものなんです」と、皆を驚かせると、川合は「見た目 で(判断して)申し訳ないけど、僕(の役が福原)でしょ?」と指摘。これに福原は「そうです」と答えると、会場は笑いに包まれた。

また、現場でのエピソードを問われると、野間口は「僕は、あるシーンで何の要求もされてないのにやり過ぎて肋骨を折ってしまいました。その後、後半 はリアルなのか芝居なのか分からない、苦痛の顔をしています」と、自身の体を張ったエピソードを紹介。今野はネタバレに気を使いながら「とにかく、トイレ に入っているところを見てほしいですね」と見どころのヒントを教えてくれた。

そして、黒川が「撮影が、2年前のクリスマス・シーズンだったので、チャンさんとよくガールズトークをしていました。食堂のランチで、せっかくだか らクリスマス気分を味わおうって話したり、キュートな方だなって思っていました」と告白すると、川合は「そうやったんですか!? 結婚してしまいました よ!」と残念がり、会場を笑わせた。

最後に、福原は「全部が楽しい時間でした。子どものころから映画監督になりたくて、“映画を撮る”ということは、ウルトラマンとか仮面ライダーになりたいというのと同じもので、そういう意味では、映画監督に“変身”できて、すごく楽しい時間でした。その楽しい時間を皆さんにお分けできたらなと思いま す」と、感慨深い様子で語った。

演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択