優秀賞に池田美樹、南出謙吾が受賞。「北海道戯曲賞」結果発表

ニュース
2015.12.17

優秀賞は池田美樹、南出謙吾が受賞 第2回『北海道戯曲賞』結果発表

全国の劇作家を対象とした「平成27年度希望の大地の戯曲『北海道戯曲賞』」(公益財団法人北海道文化財団)では、12月6日に第2次審査会が行われ、大賞は該当なし、優秀賞に池田美樹『ぼくの、おばさん』(劇団きらら代表、熊本県)、南出謙吾『終わってないし』(劇団らまのだ、東京都)が選ばれた。優秀賞には5万円が贈呈されるほか、受賞作品集が2016年3月に発行予定。

関連リンク⇒ 平成27年希望の大地の戯曲「北海道戯曲賞」最終審査結果

30GP2

第2次審査会では、長田育恵氏(演劇ユニットてがみ座主宰)、斎藤歩氏(札幌座チーフディレクター)、土田英生氏(MONO代表)、畑澤聖悟氏(劇団渡辺源四郎商店主宰)、前田司郎氏(五反田団主宰)の5名が審査員を務め、一次審査を通過した7作品について審査を行った。なお最終審査の講評は来年1月中旬に北海道舞台塾HP上で発表される。

【こちらもチェック!】
◇ 昨年度大賞作品『悪い天気』(作:藤原達郎氏/「飛ぶ劇場」「大体2mm」所属)が、来年1月に前田司郎の演出で舞台化

優秀賞に池田美樹、南出謙吾「北海道戯曲賞」結果発表制作ニュースで公開された投稿です。

舞台制作PLUS+
シェア / 保存先を選択